梅崎慶大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅崎 慶大(うめざき けいた、1981年8月12日 - )は、日本長野県白馬村出身の元スキージャンプ選手。全日本スキー選手権で2勝している。

プロフィール[編集]

長野県大町高等学校から明治大学へ進学。高校在学中の1998年のノルディックスキージュニア世界選手権個人11位、同年、地元長野で開催された長野オリンピックではテストジャンパーに選ばれた。 2003年冬季ユニバーシアード代表として団体6位、ノーマルヒル21位、ラージヒル26位となった。大学卒業後フリーでジャンプを続けていたが、2005年10月に雪印乳業へ途中入社した。2011-2012シーズン限りで現役を引退した[1]

日本国内での主な競技成績[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]