梅は咲いたか 桜はまだかいな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅は咲いたか 桜はまだかいな
Metisシングル
リリース
録音 2006年
ジャンル J-POPレゲエ
レーベル CROWN GOLD
プロデュース Koma 2 Kaz
チャート最高順位
Metis シングル 年表
梅は咲いたか 桜はまだかいな
2007年
Respect!
2007年
テンプレートを表示

概要[編集]

インディーズでの活動を主としていたMetisにとって、ミニアルバムの『WOMAN』で2006年9月メジャーデビューして以来、初のメジャーレーベルで発表したシングルにあたる。

タイトルは端唄(または小唄)の曲の題『梅は咲いたか』から由来。をゆかりの花とする菅原道真を祖先と仰ぐMetisが、迎春の象徴といえるを歌詞の軸に置き、レゲエミュージックをベースとして「恋愛の後押し」をテーマに制作した。

この楽曲は、FMラジオの複数の局で2007年1月度のパワープレイを獲得。オリコンシングルチャートにおいては初登場58位であったが、歌詞の「桜は咲くのさ」というフレーズが起因し、いわゆる「合格ソング」として受験生を中心に口コミで広まり、最高位28位を記録した。これを機に、湯島天神などで合格祈願ライブを行うなどの連動プロモーションを行った。

収録曲[編集]

  1. 梅は咲いたか 桜はまだかいな
  2. 青い涙
  3. Stand By Me
  4. 梅は咲いたか 桜はまだかいな (Instrumental)
  5. 青い涙 (Instrumental)

制作[編集]

関連項目[編集]