梁田蛻巖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梁田 蛻巖(やなだ ぜいがん、寛文12年1月24日1672年2月22日) - 宝暦7年7月17日1757年8月31日))は、江戸時代中期の漢詩人。名は邦美、字は景鸞、通称は才右衛門、蛻巖と号す。

生涯[編集]

旗本の家臣の家柄に生まれ、江戸で育つ。11歳で幕府の儒官であった人見竹洞に入門し、新井白石室鳩巣などと交流する。元禄6年(1693年)に加賀藩に儒者として仕えるがまもなく辞して、美濃の加納藩や播磨の明石藩に出仕した。晩年までには漢詩の大家として敬仰されるようになった。門下に江村北海稲垣白嵓などがいる。明石で没する。享年86。墓は兵庫県明石市日富美町の本立寺にある。

漢詩[編集]

江村北海は、蛻巖の詩の中でも「徐文長の詠雪に和す」を「尖新にして精巧」と賞賛している[1]。蛻巖はたびたび詩風を変え、成唐の詩人たちや袁中郎鍾惺譚元春などの影響を受ける。「天縦の才あり而して力を極めて鍛錬」し、晩年にいたるまで思いを字句に潜め続けた[2]浅野長祚が『寒檠璅綴』の中で、好学の士のための必読書として『蛻巖集』を挙げている[3]中根香亭は、新井白石・室鳩巣・三宅観瀾の詩と蛻巖の詩を比較し、「蛻巖は一生不遇で他の三人が栄達したのに遠く及ばないが、その風流高逸の境地は三人の夢想だにできないところである」と評している[4]

著作[編集]

  • 梁田象水編『蛻巖集』4巻(寛保2年(1742年))
  • 『蛻巖先生答問書』3巻
  • 梁田忠山編『梁田蛻巖全集』

脚注[編集]

  1. ^ 江村北海『日本詩史』岩波文庫、2005年、77p。
  2. ^ 江村北海『日本詩史』岩波文庫、2005年、105p。
  3. ^ 浅野梅堂『寒檠璅綴 巻之二』吉川弘文館、79p。
  4. ^ 中根香亭『香亭雅談』吉川弘文館、1920年、下・35p。

参考文献[編集]

  • 松下忠『江戸時代の詩風詩論』(1972年、明治書院)
  • 徳田武『江戸詩人傳』(1986年、ぺりかん社)
  • 江村北海『日本詩史』(1988年、岩波文庫)
  • 浅野長祚『寒檠璅綴』(1919年、風俗繪巻圖畫刊行會)