梁川郁雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梁川 郁雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
生年月日 (1941-01-10) 1941年1月10日(77歳)
身長
体重
177 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1962年
初出場 1963年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

梁川 郁雄(やながわ いくお、1941年1月10日- )は、広島市出身で[1]、1960年代に阪急ブレーブス広島カープでプレーしたプロ野球選手である。現役時代のポジションは、外野手

なお、1963年からの2年間は、登録名を「梁川 在雄(読みは、上記と同じ)」に変更していた。

来歴・人物[編集]

同じ広島出身で同学の張本勲とは、高校時代に反対のルートを辿る[1]1956年広陵高等学校に入学し(当時の名前は梁川在雄)、1年からレギュラーとなり同年夏の甲子園広島県予選では二番ファーストで出場したが、無名の廿日市高校に初戦敗退すると、監督の指導方針に造反し退学[2][1]。梁川の後、秋季大会から二番に入ったのが同級の三原新二郎[2]大阪の浪華商業(現・大体大浪商)に転校し、張本や山本集とチームメイトになるが、野球部が不祥事により1年間の出場停止になったため、仕方なく広島に戻り広島松本商業高校(現・瀬戸内高校)に再転校した[1]。同校卒業後、関西大学へ進学。関西六大学リーグで通算37試合に出場し、95打数25安打、打率.263の成績を残すが3年で中退し、1962年に阪急ブレーブスへ入団。

ルーキー年には西鉄ライオンズとの開幕戦で3-3の同点で延長11回からサヨナラヒットを放つなど、この年は103試合に出場し「阪急に期待の大物出現!」と連日スポーツ紙を賑わせる活躍だった[1]

しかし二年目以降は出場の機会が減少し、自身の腰痛もあって控えの外野手となる[1]。ブレーブスには5年間在籍し1967年、念願叶い地元・広島カープへトレードされたが、出番は5試合に留まり一年で引退した[1]

現役引退後は広島市西区に在住し、横川駅近くなどで飲食店(串焼 狄(てき))を経営。引退時のカープの監督だった長谷川良平は何度も店に足を運び、激励してくれたという[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 阪急 103 77 73 10 7 2 2 0 13 0 4 5 0 0 3 0 1 24 3 .096 .143 .178 .321
1964 62 28 27 9 3 0 1 0 5 1 1 0 0 0 0 0 1 7 1 .111 .143 .185 .328
1965 30 29 29 4 4 0 1 0 6 0 2 0 0 0 0 0 0 7 0 .138 .138 .207 .345
1966 4 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1967 広島 5 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 204 141 136 23 14 2 4 0 24 1 8 5 0 0 3 0 2 38 4 .103 .135 .176 .311

背番号[編集]

  • 65 (1962年 - 1963年)
  • 35 (1964年 - 1966年) 
  • 36 (1967年)

登録名[編集]

  • 梁川 郁雄 (やながわ いくお、1962年、1965年 - 1967年)
  • 梁川 在雄 (やながわ いくお、1963年 - 1964年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h デイリースポーツ広島版、2009年3月4日、9面
  2. ^ a b 『広陵野球史』、広陵野球史編纂委員会、1992年、149-151頁

関連項目[編集]