梁ジュン赫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
梁埈赫
各種表記
ハングル 양준혁
漢字 梁埈赫
発音: ヤン・ジュニョク
ローマ字 Yang Jun-hyeok
本人表記: Yang, Joon Hyuk
テンプレートを表示
梁 埈赫(ヤン・ジュニョク)
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 大邱広域市
生年月日 1969年7月10日(46歳)
身長
体重
188 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手指名打者
プロ入り 1992年 1次ドラフトで三星ライオンズに指名
初出場 1993年4月10日
最終出場 2010年9月19日
年俸 4億5000万ウォン(2010年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

梁 埈赫ヤン・ジュニョク1969年7月10日 - )は大韓民国大邱市出身の三星ライオンズに所属していた元プロ野球選手。主なポジションは入団初期はファースト、その後はライトレフトとポジションを移し、40歳を超えてからは指名打者での出番が多い。左投げ左打ち。嶺南大學校卒。

来歴・人物[編集]

嶺南大学の4年生だった1991年シーズンオフ、地域優先ドラフトで出身高校の所在地を保護地域で持つ三星ライオンズの指名を受けられず、ウェーバー方式で行われる2次ドラフトに流され、前年最下位だったサンバンウル・レイダースの指名を受けた。この時代の三星は打線に比べて投手陣が手薄だったため、地域優先ドラフトで左腕投手である金泰漢(キム・テハン)を指名した。

サンバンウルから巨額の契約金のオファーを受けたが、故郷である大邱でプレイすることを希望して、サンバンウルへの入団を拒否。大学卒業後、兵役を遂行するため入隊して韓国国軍体育部隊である尚武(サンム)に配属された。1年後、再びドラフトに出て地域優先ドラフトで三星ライオンズの指名を受け、1993年三星ライオンズに入団。この一連の入団の過程で、金泰漢と梁埈赫のどちらも逃したくなかった三星との密約説が囁かれた。

1年目からレギュラー選手として出場し、首位打者新人王を獲得するなど、主力の一人として活躍。1999年、選手会の問題で球団と対立し、林昌勇(現シカゴ・カブス)との交換で黄斗聖などとともに3対1でヘテ・タイガースにトレードされた。翌2000年にはヘテの財政難でLGツインズにトレードされた。2001年オフ、フリーエージェントで古巣三星に復帰。

大柄な体格で蟹股に構え、スイング後のフォロースルーの際に両手をあげるような独特の打法は「万歳打法」と呼ばれて野球ファンたちに大変な人気がある。「ウィプンダンダン(威風堂々)」で始まる応援テーマは、所属先の三星ライオンズの応援で最も盛り上がるものの一つ。 個性的な打法だけでなく、バットコントロールも巧みで通算本塁打数の割に三振が少なく、選球眼もよいため出塁率が高い。卓越した打撃技術を生かし、これまで韓国では4度の首位打者に輝いている。また2014年シーズン終了現在、韓国プロ野球史上でただ一人2回サイクルヒットを達成している。

2007年6月には韓国史上初の個人通算2000本安打を達成するなど、走力が必要な盗塁三塁打を除く数々の個人通算記録保持者ともなっている。だが、2008年は負傷以外でプロ入り後初めて2軍降格を経験し、連続2桁本塁打も15年で途切れる。

2009年4月14日ハンファ戦で、通算340号本塁打を記録し、張鍾熏(チャン・ジョンフン)の個人通算本塁打記録に並んだ。しかし、その直後故障で2軍降格。故障から復帰した5月9日LGツインズ戦で341号本塁打を記録して、張鍾熏を抜いて韓国プロ野球の個人通算最多本塁打記録者になった。さらに7月14日斗山ベアーズ戦で、史上初の通算350号本塁打も達成した。しかしながら、シーズンで最多本塁打のタイトルを取ったことはない。40歳となり、2009年は故障もありプロ17年間で初めて出場試合数が100を切り、規定打席にも達せず100安打未満に終わるなど、年齢による衰えが隠せなくなっているように見える。1966年生まれの宋津宇などの引退で、41歳となった2010年には韓国プロ野球界最年長選手となった。

2010年6月3日起亜戦で、通算試合出場数を2112に伸ばし、金敏宰を抜いて通算出場試合の最多記録を更新した。7月24日のオールスター戦にも41歳で出場し、最年長出場記録を更新しただけでなく3点本塁打まで打ちファンたちを大いに興奮させた。

7月26日、同年限りでの現役引退を発表し、9月19日大邱市民運動場野球場で盛大な引退試合が行われ、背番号10は三星の永久欠番となった。

2011年からは韓国のスポーツ専門チャンネル、SBS ESPNで野球解説者として活動し、バラエティ番組などにも出演している。また野球普及のための財団、少年野球チームなどを設立するなど、慈善事業を幅広く展開している。

私生活的な面では芸能人並みの口達者で、バラエティ番組に出演することもしばしば。また釣り趣味で、プライベートな時間が取れたら必ず釣りに行くという。その腕前も相当なものらしく、ケーブル局の釣り番組に出演した経歴もあるほど。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1993 三星 106 456 381 82 130 27 1 23 228 90 4 9 0 6 61 6 8 40 7 .341 .436 .598 1.035
1994 123 496 427 62 128 21 1 19 208 87 15 4 1 5 63 7 0 42 7 .300 .386 .487 .873
1995 125 527 438 81 137 34 1 20 233 84 8 2 0 6 77 8 6 50 7 .313 .418 .532 .949
1996 126 530 436 89 151 33 2 28 272 87 23 18 0 5 82 8 6 76 4 .346 .452 .624 1.076
1997 126 561 442 94 145 32 5 30 277 98 25 17 0 10 103 27 7 75 7 .328 .455 .627 1.082
1998 126 552 456 80 156 30 1 27 269 89 15 14 0 3 87 26 5 69 14 .342 .450 .590 1.040
1999 ヘテ 131 588 496 96 160 23 1 32 281 105 21 12 1 4 82 7 5 68 14 .323 .421 .567 .987
2000 LG 117 514 432 79 135 30 2 15 214 92 15 4 0 3 73 4 5 65 6 .313 .415 .495 .911
2001 124 531 439 79 156 20 3 14 224 92 12 5 2 8 80 4 1 55 9 .355 .499 .510 .959
2002 三星 132 437 391 60 108 23 2 14 177 50 2 3 0 1 39 3 5 56 9 .276 .349 .453 .801
2003 133 551 490 90 161 37 2 33 301 92 2 5 4 2 49 2 6 49 13 .329 .395 .614 1.009
2004 133 584 479 95 151 30 0 28 265 103 5 2 1 2 89 8 13 53 10 .315 .434 .553 .987
2005 124 463 394 61 103 15 1 13 159 50 10 3 0 2 62 5 5 44 16 .261 .367 .404 .771
2006 126 533 413 63 125 31 1 13 197 81 12 7 1 7 103 10 9 43 11 .303 .446 .477 .923
2007 123 544 442 78 149 34 0 22 249 72 20 8 1 2 91 15 7 44 12 .337 .456 .563 1.019
2008 114 443 385 49 107 16 2 8 151 49 1 1 2 2 46 4 7 37 10 .278 .264 .392 .756
2009 82 322 249 51 82 16 0 11 131 48 3 4 1 5 63 4 4 24 7 .329 .464 .526 .990
2010 64 175 142 10 34 6 0 1 43 20 0 1 0 2 28 2 3 20 3 .239 .371 .303 .674
KBO:18年 2135 8807 7332 1299 2318 458 25 351 3879 1389 193 119 14 73 1278 150 102 910 166 .316 .421 .529 .950
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はKBOにおける歴代最高。

韓国での獲得タイトル・記録[編集]

  • 首位打者:4回(1993、1996、1998、2001)
  • 最多安打:2回(1996、1998)
  • 新人王:1993
  • ゴールデングラブ賞:8回
    外野手(1996、1997、2003)、指名打者(1998、2001、2006、2007)、一塁手(2004)