桟橋車庫前停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桟橋車庫前駅から転送)
移動先: 案内検索
桟橋車庫前停留場
桟橋車庫前停留場
桟橋車庫前停留場
さんばししゃこまえ -
Sanbashi-shakomae
(自由民権記念館前)
所在地 高知県高知市桟橋通四丁目
所属事業者 とさでん交通
所属路線 桟橋線
キロ程 3.0km(高知駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1904年(明治37年)5月2日*
備考 * (旧)桟橋停留場として開業
テンプレートを表示
移設前の桟橋車庫前(岸壁通)停留場

桟橋車庫前停留場(さんばししゃこまえていりゅうじょう)は、高知県高知市桟橋通四丁目にあるとさでん交通桟橋線電停。「自由民権記念館前」の副名称が付される。

構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有し、平行式に設置される。市道の延伸により約50 m高知駅前方に移設された。

入庫系統はすべて当駅が終着となり、高知駅前方にある渡り線を使用して車庫へ向かう。

周辺[編集]

路線バス[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  A1 南はりまや橋、蛍橋 鳥越 とさでん交通 土休日運休
B1 南はりまや橋、上町二丁目、中万々、横内 鳥越
B2 南はりまや橋、上町二丁目、万々 観月坂中央
C1 南はりまや橋 県庁前
D1 南はりまや橋、帯屋町、中秦泉寺 イオンモール高知
D5 南はりまや橋、帯屋町、中秦泉寺、観月坂中央 宇津野 土休日運休
D6 南はりまや橋、帯屋町、愛宕小橋、東久万、万々 観月坂中央
D7 南はりまや橋、愛宕町二丁目、宝町、奥福井西 鳥越
W1 南はりまや橋、上町二丁目、吉野緑ヶ丘 土佐塾校
X1 南はりまや橋、上町五丁目、石立十字路 吉野
X3 南はりまや橋、上町五丁目、土佐道路 天王ニュータウン
X4 南はりまや橋、上町五丁目、土佐道路、天王ニュータウン 八田
X5 南はりまや橋、上町五丁目、土佐道路、高岡高校 高岡営業所
Y2 南はりまや橋、朝倉駅前、国立病院 天王ニュータウン
Y3 南はりまや橋、朝倉駅前、国立病院前、天王ニュータウン 八田
Y4 南はりまや橋、朝倉駅前、国立病院前、高岡高校通 高岡営業所
F1 南はりまや橋、高知駅、塩田町 イオンモール高知 土休日運休
F3 南はりまや橋、高知駅、比島 イオンモール高知
G1 南はりまや橋 高知駅
G2 南はりまや橋、高知駅、比島 一宮高知営業所
G4 南はりまや橋、高知駅、比島、一宮高知営業所 医大病院
G11 南はりまや橋、高知駅前、金田橋 一宮高知営業所 土休日運休
K2 南はりまや橋、介良通、潮見台ターミナル 潮見台三丁目 土休日運休
K3 南はりまや橋、南国バイパス、中野団地 潮見台ターミナル
K4 南はりまや橋、南国バイパス、中野団地 潮見台三丁目
L1 南はりまや橋、南国バイパス、JA高知病院後免町 安芸駅
P1 南はりまや橋、知寄町二丁目、中央市場前、十津 十津団地 土休日運休
P2 南はりまや橋、知寄町二丁目、中央市場前、十津 種崎
R1-Y1 北新田、はりまや橋、朝倉駅前、国立病院前 学芸高校 休日運休
  S1 横浜、長浜営業所 みませ とさでん交通
S2 横浜 長浜営業所
S3 横浜、長浜営業所 桂浜
S9 横浜、瀬戸西団地、瀬戸東団地 長浜営業所 土休日運休
T2 横浜 横浜ニュータウン第一 土休日運転
T3 横浜、横浜ニュータウン第三、蒔絵台 南ニュータウン
T4 横浜、横浜ニュータウン第三、南ニュータウン 平和団地 土休日運休
T5 横浜、横浜ニュータウン第三、南ニュータウン、平和団地 リハビリセンター
T6 横浜、横浜ニュータウン 春野運動公園中央
T7 横浜、横浜ニュータウン、春野運動公園中央 高岡営業所
T8 横浜、団地南口 横浜ニュータウン第一


歴史[編集]

  • 1904年(明治37年)5月2日 - 梅の辻から当駅までの開通に伴い、(旧)桟橋停留場として開業。
  • 1905年(明治38年)4月7日 - 当駅より桟橋(現・桟橋通五丁目)まで延伸、岸壁通停留場に改称。
  • 2007年(平成19年)1月10日 - 現停留所名に改称。
  • 2009年(平成21年)1月22日 - はりまや橋寄りに移設。「自由民権記念館前」の副名称を使用開始。
  • 2014年(平成26年)10月1日 土佐電気鉄道が高知県交通土佐電ドリームサービスと経営統合し、とさでん交通が発足。とさでん交通の停留場となる。

隣の停留場[編集]

とさでん交通
桟橋線
桟橋通四丁目停留場 - 桟橋車庫前停留場 - 桟橋通五丁目停留場

関連項目[編集]