桝井寿郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桝井 寿郎(ますい としろう、1934年5月24日 - 2011年6月19日)は、日本文学研究者、作家、梅花短期大学名誉教授。 大阪市に生まれる。1953年大阪府立清水谷高等学校卒。川端康成の指導を受ける。57年甲南大学経済学部から文学部国文科に転じ、58年卒業。朝日新聞大阪本社嘱託、淀川製鋼所寿屋[要曖昧さ回避]代表取締役。87年梅花短大教授、2002年定年退職。

1967年西鶴文学会を創設。95年井原西鶴賞を創設。西鶴のほか大阪出身の文学者を広く研究している。川端康成生誕の地も確定した。

2011年6月19日、心不全により死去[1]

著書[編集]

  • 吉井勇歌がたみ京都 横井晃共編著 宝文館出版 1966
  • 三好達治詩がたみ旅人 編著 宝文館出版 1969
  • 近代怪談集 付:怪談詮議(水木しげる,山田野理夫 宝文館出版, 1974
  • 大塩平八郎 椿書院 1976 (日本人物誌 ; 2)
  • 井原西鶴 保育社 1979.11 (カラーブックス)
  • 南近畿国鉄沿線レジャーガイド 国鉄天王寺鉄道管理局編 ナンバー出版 1986.7 (ナンバーガイド)
  • 奈良大和路 県下全市町村をゆく ナンバー出版 1989.10 (ナンバーガイド)
  • 大阪地下鉄沿線ガイド 改訂版 ナンバー出版 1990.5 (ナンバーガイド)

脚注[編集]

  1. ^ 【訃報】桝井寿郎氏 西鶴文学会代表 産経ニュース 2011年6月20日

参考[編集]

  • 桝井寿郎教授略歴「梅花短大国語国文」2002