桜町 (土浦市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 茨城県 > 土浦市 > 桜町
桜町
—  町丁  —
桜町南部
桜町の位置(茨城県内)
桜町
桜町
桜町の位置
座標: 北緯36度4分38.5秒 東経140度11分57.2秒 / 北緯36.077361度 東経140.199222度 / 36.077361; 140.199222
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Ibaraki Prefecture.svg 茨城県
Flag of Tsuchiura, Ibaraki.svg 土浦市
地区 一中地区
人口 (2014年(平成26年)7月1日現在)[1]
 - 計 1,631人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 300-0037(土浦局集配区)
市外局番 029(土浦MA)
ナンバープレート 土浦
※座標・標高は桜町二丁目公民館付近

桜町(さくらまち)は茨城県土浦市町名。現行行政地名は桜町一丁目から桜町四丁目。土浦市街地の一角を構成する地域の一つである。

地理[編集]

土浦市のほぼ中央部に位置する。町内はほぼ平坦である。土浦市街の一角にあり、ビジネスホテル旅館マンション医療機関商店のほか、大手企業の支店も立地する。

北は大手町中央一丁目・川口一丁目・大和町、東は有明町、南は桜川を挟んで富士崎一丁目・下高津一・二丁目、西は大町と接する。

河川[編集]

歴史[編集]

土浦市は土浦城城下町として発展、江戸時代には現在の茨城県南地域の中心都市としての基礎が固まった。現在の桜町に相当する区域は、明治時代まで霞ヶ浦から続く湿地帯であり、1926年(大正15年)に新市街地として造成され、霞ヶ浦海軍航空隊向けに料亭料理屋飲食店カフェが集められた[2]。1か所に集められたのは、海軍の風紀の取り締まりのためである[3]。開発の中心に立ったのは、霞ヶ浦岸の蓮河原地区の耕地整理組合長を務めた久松五右衛門であり、海軍航空隊開隊に合わせて時の土浦町長と共に耕地整理と並行して新市街開発に乗り出した[4]。『土浦市史』では「久松五右衛門の功績は、土浦の発展史上忘れることができない。」と記している[5]。また、駅から桜橋に至る八間道路が整備された[2]

桜町二丁目は北関東最大の風俗街ソープランド街)となっている[6]。桜町二丁目の風俗街の起源は、明治時代の花街であり、中城天満宮境内で毎年3月に開かれていた駒市でのの売却益を男性がここで散財したという[7]

桜川堤の桜は、1910年(明治43年)に行方郡大和村(現在の行方市)の邊田粂蔵が植えたもので、現在では土浦市のサクラの名所となっている[8]

現在の桜町一-四丁目の町域は1972年(昭和47年)11月1日に土浦市1次住居表示整理事業により土浦市の大字無し区域(旧土浦町区域)の一部より成立した[9][10]

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前
桜町一丁目 1972年(昭和47年)11月1日 (大字なし)
桜町二丁目
桜町三丁目
桜町四丁目

小・中学校の学区[編集]

公立に通学する場合、丁目により以下の学校に通学する[11]

町丁 小学校 中学校
桜町一丁目 土浦市立土浦第二小学校 土浦市立土浦第一中学校
桜町二丁目
桜町三丁目
桜町四丁目 土浦市立土浦小学校

交通[編集]

きらら通り

鉄道[編集]

最寄り駅はJR常磐線土浦駅で、徒歩5分圏内にある。

道路[編集]

路線バス[編集]

桜町を通過する路線バスとしては、国道125号を走行し土浦駅と富士崎・市役所・市南部方面を結ぶ路線と、主要地方道土浦境線上を走行し土浦駅とイオンモール土浦石下駅下虫掛方面などを結ぶ路線に大別される。

施設[編集]

桜町一丁目[編集]

桜町二丁目[編集]

桜町三丁目[編集]

  • NTTファシリティーズエンジニアリング中央茨城支店
  • さくらメディカルビル
  • 常陽銀行桜町支店

桜町四丁目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 土浦市地区別人口及び世帯数一覧(常住人口)|土浦市公式ホームページ 土浦市地区別(町丁目)人口及び世帯数一覧(平成26年1月~7月)EXCEL形式/185.5KB より。2014年8月10日閲覧。
  2. ^ a b つくば書店レポート部 編(2011):21ページ
  3. ^ つくば書店レポート部 編(2011):24ページ
  4. ^ 土浦市史編さん委員会 編(1975):878 - 879ページ
  5. ^ 土浦市史編さん委員会 編(1975):879ページ
  6. ^ こちらのサイトによると46軒ある。
  7. ^ つくば書店レポート部 編(2011):18ページ
  8. ^ 土浦市"クイズの答え"(2012年2月19日閲覧。)
  9. ^ 住居表示整備及び町界町名整理事業|土浦市公式ホームページ 2014年8月10日閲覧。
  10. ^ 角川日本地名大辞典JLogos
  11. ^ 土浦市学務課学事係"土浦市立 小・中学校通学区域"平成20年6月1日(2012年2月19日閲覧。)
  12. ^ 茨城百景(昭和25年5月10日茨城県告示第211号)

参考文献[編集]

  • つくば書店レポート部 編『つくばレポート vol.3』つくば書店、2011年7月1日、137pp. ISBN 978-4-902451-05-4
  • 土浦市史編さん委員会 編『土浦市史』土浦市史刊行会、昭和50年、1156pp.

関連項目[編集]