桜橋 (金沢市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桜橋
桜橋(寺町台地の新桜坂緑地から小立野方面の眺め)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 金沢市
交差物件 犀川(二級河川)
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
桜橋から医王山を望む

桜橋さくらばし)は石川県金沢市を流れる犀川に架かる。金沢市道、通称「本多通り」の一部。

概要[編集]

犀川中流部に位置し、兼六園から徒歩15分ほど。左岸には寺町台地が迫っており、桜橋からはW坂と桜坂が接続する。それらを登り切ると寺町界隈に入る。

歌手松原健之の曲「桜橋から」の桜橋とは、この橋のことで、デビュー曲の「金沢望郷歌」でもこの橋が出てくる。

W(ダブル)坂・桜坂[編集]

W坂は、明治期に旧制第四高等学校(現・金沢大学)の学生によってそう呼び習わされる前は石伐坂(いしきりざか)と呼ばれていた。坂の上に石工職人が多くいたことからその名がついたと言う。その名の通りWの字を横にした形になっており、台地をほぼ垂直方向に登っていく。W坂と呼ばれるようになったのは、旧制第四高等学校の学生であった井上靖が、金沢市を舞台とする自伝小説「北の海」の中で同坂を紹介してからである[1][2]Wの本来の読みは「ダブリュー」だが、日本人の特殊読みとして、いつのころからか誤って「ダブル」と読まれるようになり、現在ではW坂も「ダブルざか」と呼ばれるようになった。作家の上野千鶴子は、金沢で高校生活を送った昭和39~42年に同坂を利用した思い入れが強いことから、作品中では「ダブリュー」坂とルビを振って紹介している[3]。 一方、桜坂は、桜橋から川上に向かって川と沿うように登っていく坂で、藩政期には桜が植わっていたこに由来する。作家の曾野綾子は、戦時中金沢に疎開していた折り、金沢第二高等女学校への通学に桜坂を自転車で往復したと語っている。後年の工事で完成した桜橋詰交差点から寺町5丁目へ通じる道路は、新桜坂と呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ 井上靖、東京新聞、1968年11月~1969年11月、連載
  2. ^ 井上靖、北の海(上、下)、平成15年8月30日発行、新潮文庫
  3. ^ 上野千鶴子、ひとりの午後に、2010年(平成22年)4月25日、日本放送協会(NHK出版)

周辺[編集]