桜林高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桜林高等学校
桜林高等学校
過去の名称 金剛学園高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人金剛学園
校訓 自己確立・自他共楽
6月7日
創立者 石井敬一
共学・別学 男女共学
課程 全日制
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進コース
総合コース
学期 2学期制
高校コード 12559J
所在地 264-0029
千葉県千葉市若葉区桜木北一丁目17番32号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

桜林高等学校 (おうりんこうとうがっこう)は、千葉県千葉市若葉区桜木北一丁目にある私立高等学校。通称は「桜林」(おうりん)。

概要[編集]

金剛学園高等専修学校として開校。金剛学園高等学校への改組を経て現在の校名になった。校訓を「自己確立」「自他共楽」と定め、建学の精神を「少林寺拳法の理念を取り入れた教育により自己確立・自他共楽を図り、日本国及び国際社会に貢献し得る人材の育成」としたり、重点部活動に少林寺拳法を位置づけたりする[1]など、教育理念の背景に少林寺拳法の影響が大きい。

沿革[編集]

  • 1989年 - 金剛学園高等専修学校開校
  • 1990年 - 2号館完成
  • 1991年 - テニスコート完成
  • 1993年 - 太田義平記念体育館完成、グラウンド完成
  • 1994年 - 工業高等課程電気工事士科設置
  • 1995年 - 実習館(現3号館)完成
  • 1996年 - 太陽光発電所完成
  • 1997年 - 商業実務課程商業科を流通システム科に科名変更
  • 1999年 - 新実習館完成
  • 2000年 - 金剛学園高等専修学校を改組し、金剛学園高等学校の設置計画申請
  • 2001年 - 金剛学園高等学校開校
  • 2004年 - 御殿校舎・御殿グラウンド取得
  • 2005年 - 桜林高等学校へ改称
  • 2006年 - 全日制課程開設(定時制課程は廃止)

教育方針[編集]

学習指導

単なる詰め込み教育や大学受験指導ではなく、「確かな学力は人生を生き抜くための自信と力となる」という考えに基づき、「チャレンジ&チェンジ」を目標としている[2]。また、以下の取り組みも実施している。

  • 毎日の朝読書
  • 電子黒板の導入
  • コース別授業(特進コースと総合コース)
  • 特別補講の実施
  • ICTプラットフォーム「Classi」の導入
  • 「スタディサプリ」の無料提供(特進コース3年生のみ)

生活指導

「社会生活の基本はあいさつ」と位置づけ、規律・規範意識の育成を重視している[2]

進路指導

進路指導の目的を「これからの自分の人生設計を計画的・継続的に考えられること」としており、情報提供のための各種進路セミナー(ガイダンス、模擬授業、進路講演)の実施や定期的な進路希望調査や年次ごとの進路適性検査、さらに自分の考えを明確にするために「書いて考える進路」を導入している[2]

卒業生[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 学校紹介|桜林高等学校”. www.orin.ed.jp. 2020年1月24日閲覧。
  2. ^ a b c 桜林高校の教育|桜林高等学校”. www.orin.ed.jp. 2020年1月25日閲覧。