桜井繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桜井 繁 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サクライ シゲル
ラテン文字 SAKURAI Shigeru
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-06-29) 1979年6月29日(39歳)
出身地 茨城県
身長 184cm
体重 81kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2008 モンテディオ山形 133 (0)
2007-2008 ヴァンフォーレ甲府 30 (0)
2009-2014 ベガルタ仙台 1 (0)
2015 栃木SC 20 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

桜井 繁(さくらい しげる、1979年6月29日 - )は、茨城県出身の元プロサッカー選手。ポジションはGK

プロフィール[編集]

2002年駒澤大学からモンテディオ山形に入団。2年目の2003年に、NEC時代から長年レギュラーを務めてきた鈴木克美を抑えて正GKを獲得。それ以降チームの正GKとして活躍。2004年にはJ1への昇格争いをするまでチームを牽引する。しかし、2006年になると柏レイソルからレンタル移籍してきた清水健太にポジションを奪われてしまう。

2007年ヴァンフォーレ甲府期限付き移籍。当初は阿部謙作鶴田達也に次ぐ3番手であったが、2008年に正GKの座を奪い取り開幕からスタメンで出場。持ち前の安定した守備で活躍。

2009年ベガルタ仙台へ完全移籍したが、前々年からチームの正GKを務める林卓人からその座を奪うことはできず、出場機会は1試合(天皇杯2回戦:対ツエーゲン金沢)しかなかった。2010年も引き続き仙台に在籍したが、この年も林から正GKの座を奪うには至らず、ナビスコカップグループリーグ戦2試合ならびに天皇杯1試合のみの出場にとどまった。萩原達郎愛媛FCに移籍した2011年は5年ぶりに背番号1(かつては萩原がつけていた)を背負うことになったが、チームの守備が非常に安定したため、この年も林から正GKの座を奪うことはできず、天皇杯1試合のみの出場にとどまった。2012年および2013年もそれぞれ公式戦2試合のみの出場にとどまる。2014年は、林がサンフレッチェ広島に移籍、正GKとなることが有力視されたものの、開幕直前に関憲太郎にポジションを奪われた。同年9月20日の第24節サガン鳥栖戦で、2008年以来約6年ぶりのリーグ戦出場を果たすも2失点して敗れた。結局リーグ戦での出場はこの1試合のみに終わり、関から正GKの座を奪うには至らなかった。同年12月2日にクラブから契約満了が発表された[1]

2015年栃木SCへ完全移籍[2]。シーズンの約半分にあたる20試合に出場し、竹重安希彦と出場機会を分け合ったが、正GKを固定できなかったチームは最下位でJ3降格となってしまった。同年シーズン終了後、契約満了となり[3]、引退した[4]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2001 駒大 1 - - - 3 0 3 0
2002 山形 16 J2 4 0 - 1 0 5 0
2003 44 0 - 3 0 47 0
2004 40 0 - 2 0 42 0
2005 1 40 0 - 1 0 41 0
2006 5 0 - 1 0 6 0
2007 甲府 22 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2008 J2 29 0 - 0 0 29 0
2009 仙台 0 0 - 1 0 1 0
2010 J1 0 0 2 0 1 0 3 0
2011 1 0 0 0 0 1 0 1 0
2012 0 0 1 0 1 0 2 0
2013 0 0 2 0 0 0 2 0
2014 1 0 2 0 0 0 3 0
2015 栃木 16 J2 20 0 - 1 0 21 0
通算 日本 J1 2 0 7 0 3 0 12 0
日本 J2 182 0 - 10 0 192 0
日本 - - 3 0 3 0
総通算 184 0 7 0 16 0 207 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2013 仙台 1 0 0
通算 AFC 0 0

脚注[編集]

外部リンク[編集]