桜井皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桜井皇子(さくらい の みこ、欽明天皇21年(560年)前後? - 用明天皇2年(587年)?)は、古墳時代終末期の皇族欽明天皇と妃蘇我堅塩媛蘇我稲目の女)の第六皇子。用明天皇推古天皇の同母弟。吉備姫王皇極=斉明天皇孝徳天皇の母)の父。

家来の桜井部犬物部氏に味方していたことなどから、587年の丁未の乱で物部氏に味方し、戦死したと思われるが、不明。