桜井清枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桜井清枝
生年月日 1945年
出生地 北海道上川郡美瑛町
出身校 東京教育大学附属聾学校[1]
前職 主婦
現職 ペンション経営
配偶者 あり

Flag of Hakuba, Nagano.svg 白馬村議会議員
当選回数 1回
在任期間 2001年 - 2005年
テンプレートを表示

桜井 清枝(さくらい すみえ、1945年 - )は、日本女性政治家。元長野県北安曇郡白馬村議会議員(1期)。聴覚障害を持つ政治家として知られた[注釈 1][2][3]

経歴[編集]

北海道上川郡美瑛町生まれ[4]。5歳のとき、結核の治療で使用した薬の副作用で耳が聞こえなくなくなった[4]。1974年に白馬村に移住。2001年に白馬村議会議員選挙(定数16)に立候補し、3位当選を果たす。不自由ながらも会話は可能であったものの[2]在任中は手話通訳者要約筆記者を置いて議員活動を行っていた[5]。1期4年を務めた後は夫とともにペンションを経営をしている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日本初の聴覚障害者の地方議員とする記述も見受けられるが、戦前に湧上聾人が存在している。