桜井信忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桜井 信忠(さくらい のぶただ、天正元年(1532年)? - 慶長15年(1610年)?)は、戦国時代の武将・江戸時代初期の幕臣。甲斐国武田氏家臣・徳川氏奉行。初名は信富、官途名は右近助、受領名は安芸守。父は信貞あるいは信富。室は小幡虎盛の娘。

略歴[編集]

甲斐国志』によれば、桜井氏は甲斐守護・武田信縄の末子信貞(河内守)を祖とする一族で、武田氏の居館である川田館に隣接する桜井(甲府市桜井町)の地に屋敷を構えたという。信忠の父は信貞あるいは信富とされ、信忠に至る系譜を二代とする説と三代とする説がある。母は武田信虎の妹と言われる。

甲陽軍鑑』によれば、武田信玄勝頼に奉行として仕える公事奉行として、市川家光(元松)とともに内政に携わる。初見文書は天正4年(1576年)8月に甲府の一蓮寺に宛てた文書(「一蓮寺文書」)。

武田氏の滅亡後は甲斐を領有した徳川家康に仕え、小田切茂富跡部昌忠石原昌明とともに代官大久保長安配下の徳川四奉行の一員となった。

法名は実岫玄相居士。墓所は山梨県甲府市桜井町の東禅寺。

参考文献[編集]

  • 服部治則「近世初頭武士集団における親族関係(七)」『山梨大学教育学部研究報告』22号
  • 黒田基樹「桜井信忠」『武田信玄大辞典』新人物往来社、2000年
  • 平山優「桜井信忠」『武田勝頼のすべて』新人物往来社、2007年
  • 平山優『新編武田二十四将正伝』武田神社、2009年