桜ヶ丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桜ヶ丘駅
桜ヶ丘駅西口(2004年11月27日撮影)
桜ヶ丘駅西口(2004年11月27日撮影)
さくらがおか
Sakuragaoka
OE 05 大和 (2.2km)
(2.0km) 高座渋谷 OE 07
所在地 神奈川県大和市福田5522
駅番号 OE 06
所属事業者 OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
所属路線 OE 江ノ島線
キロ程 9.8km(相模大野起点)
新宿から42.1km
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
20,602人/日
-2015年-
開業年月日 1952年昭和27年)11月25日
テンプレートを表示

桜ヶ丘駅(さくらがおかえき)は、神奈川県大和市福田にある、小田急電鉄江ノ島線である。駅番号はOE 06

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。駅構内の柱や壁の多くが桜色で彩色されている(画像参照)。

上りホームの脇に保線基地があり、保線用車両が留置されている。

のりばは東側を1番ホームとして、下表の通りである。

2012年8月に、行先案内表示器が新設された[1]

桜ヶ丘駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 OE 江ノ島線 下り 藤沢片瀬江ノ島方面
2 上り 相模大野新宿千代田線方面

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員は20,602人であり[2]、小田急線全70駅中53位。

近年の乗降人員・乗車人員の推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
1995年(平成07年) 12,140 [* 1]
1998年(平成10年) 11,244 [* 2]
1999年(平成11年) 10,852 [* 3]
2000年(平成12年) 10,606 [* 3]
2001年(平成13年) 10,420 [* 4]
2002年(平成14年) 19,338 10,163 [* 5]
2003年(平成15年) 19,550 10,297 [* 6]
2004年(平成16年) 20,776 10,356 [* 7]
2005年(平成17年) 20,848 10,404 [* 8]
2006年(平成18年) 20,912 10,451 [* 9]
2007年(平成19年) 20,913 10,515 [* 10]
2008年(平成20年) 20,891 10,490 [* 11]
2009年(平成21年) 20,316 10,186 [* 12]
2010年(平成22年) 20,279 10,163 [* 13]
2011年(平成23年) 19,870 9,941 [* 14]
2012年(平成24年) 20,308 10,173 [* 15]
2013年(平成25年) 20,749 10,390 [* 16]
2014年(平成26年) 20,491 10,266 [* 17]
2015年(平成27年) 20,602

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

以下の路線が運行されている。以前は平塚駅茅ヶ崎駅までの路線も存在していた。

桜ヶ丘駅を表す系統記号として、『桜』ではなく『丘』が付されているが、これは神奈中も乗り入れる京王バスのターミナル聖蹟桜ヶ丘駅の『桜』との重複を避けたものである。

タクシー[編集]

神奈川都市交通の車両が常駐している。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

付近に「桜株」という地名があり、駅周辺にの名所が多かったことから、「桜ヶ丘」と名付けられる。「桜株」にしなかったのは、駅の開業前に桜株の踏切(通称、中原街道との踏切)で踏切事故があり、イメージが悪かったためである[6]

隣の駅[編集]

OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
OE 江ノ島線
快速急行・急行
通過
各駅停車
大和駅 (OE 05) - 桜ヶ丘駅 (OE 06) - 高座渋谷駅 (OE 07)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年度の鉄道事業設備投資計画 (2)駅施設改良、サービスの向上 ②行先表示装置の新設 (PDF) - 小田急電鉄(2012年4月27日閲覧)
  2. ^ 1日平均乗降人員 - 小田急電鉄
  3. ^ 統計概要 - 大和市
  4. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  5. ^ 神奈川県県勢要覧
  6. ^ 桜株・桜ヶ丘 - 大和市ホームページ

出典[編集]

神奈川県県勢要覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]