桑山元晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
桑山元晴
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄6年(1563年
死没 元和6年7月20日1620年8月18日
別名 直晴、通称:長兵衛
戒名 禅渓院三叔紹玄
墓所 東京都練馬区桜台広徳寺
官位 従五位下伊賀守
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀長秀保秀吉→(秀頼)→徳川家康秀忠
大和御所藩
氏族 桑山氏
父母 父:桑山重晴
兄弟 一重元晴貞晴
清晴貞晴栄晴、娘(岡部宣勝正室)

桑山 元晴(くわやま もとはる)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名大和御所藩初代藩主。名は直晴とも言う。

略歴[編集]

永禄6年(1563年)、尾張国桑山重晴の次男として生まれる。豊臣秀長秀保に仕えて、朝鮮出兵では甥の一晴とともに朝鮮に渡海した。

文禄3年(1594年)、秀保が没し大和豊臣家が断絶すると豊臣秀吉に直仕し、慶長元年(1596年)に父重晴から大和御所1万石を分与される。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与して、大谷吉継の鉄砲組頭を討ち取る武功を挙げたことから、戦後に大和葛上郡において2,000石を加増され、御所藩(1万2,000石、のち父に2,000石を移譲し1万石)の初代藩主となる。

その後、慶長11年(1606年)の父の重晴の死の際に6,000石を受け継ぎ、慶長14年(1609年)に長男の清晴が改易されるとその所領であった和泉谷川藩領1万石も与えられて、2万6,380石を領する大名となった。

慶長19年(1614年)の大坂の陣においては、藤堂高虎の配下で天王寺口に布陣。元和元年の夏の陣では、弟貞晴、甥一直と共に、先鋒の水野勝成に従って道明寺口で戦い、首級17を挙げている。戦後も兄弟で高力忠房に従って大坂方残党を追討した。

元和6年(1620年)7月20日、死去。享年58。跡を次男の貞晴が継いだ。

参考文献[編集]

  • 奈良県編、国立国会図書館デジタルコレクション 「桑山一晴、一直、直晴」 『大和人物志』 奈良県、1909年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/992766/260 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 藩主人名事典編纂委員会編 『三百藩藩主人名事典 第3巻』 新人物往来社、1987年。ISBN 4404014023 
  • 堀田正敦 国立国会図書館デジタルコレクション 『寛政重脩諸家譜. 第6輯』 國民圖書、1923年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082716/94 国立国会図書館デジタルコレクション