桑原達秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桑原 達秋(くわばら たつあき、1976年10月6日 - )は、福井テレビジョン放送の社員で、元・同局アナウンサー関西テレビ放送出身のフリーアナウンサー桑原征平の長男。

略歴[編集]

兵庫県西宮市の出身で、血液型はA型。近畿大学卒業後の2000年に、アナウンサーとして福井テレビジョン放送に入社した。同期入社のアナウンサーに、福田布貴子がいる。

アナウンサー時代には、2001年4月から、福田やスクラッチ田中などと共に、『おかえりサタデー』(後の『おかサタ』)へレギュラー出演。2005年3月からは、平日夕方のローカル生ワイド番組『おかえりなさ〜い』で、月 - 水曜5時台のMCを務めた。

2007年1月から、体重が急激に減少するほどの体調不良を理由に1年余り休職。休職期間中は、西宮市の実家などで静養していた。『おかえりなさ〜い』のMCについては、2007年3月まで松下尚史が代理を務めた後に、同月で正式に降板。2008年6月に職場復帰を果たしたが、 2013年10月の人事異動で、アナウンサーから広報部員へ転身した。後に、総務部へ異動している。

2017年4月からは、総務部に所属したまま、『日本全国 福むすび』に「福むすび隊長」という肩書で出演。『シネマニアプラス』からの降板(2013年9月)以来のレギュラー番組で、福井県内の特産品・伝統工芸品の生産現場を取材したり、その品々を県外でのロケを通じて紹介したりしている。

担当番組[編集]

現在[編集]

アナウンサー時代[編集]

その他[編集]

  • 既婚者で、2015年に産まれた長男がいる。
  • 辰年の秋に生まれることから父・征平は「辰秋」という名前を暖めていた。そんな折、『ハイ!土曜日です』(関西テレビ制作・フジテレビ系)に漆芸家・木工家で人間国宝の黒田辰秋がゲスト出演することになり、共演者だった父は「辰秋」という名前を頂戴していいかと黒田に相談。黒田は快諾する一方で「桑原辰秋」では厂部が連続するのでよくない、として自身の名前をアレンジ(「たつ」の漢字を変えた)して授けた。ちなみに、姉は元フジテレビディレクターの桑原菜穂子で、義兄はカメラマンの柿内孝文。また、甥(姉の息子3人)もいる。
  • 小学生の時、『オールスター家族対抗歌合戦』(フジテレビ系)に一家で出演したことがあり、番組内で『阪急ブレーブス応援歌』を熱唱した。その模様を妻の父親は覚えており、「その時の坊っちゃんが、うちの娘と結婚って、不思議です…」と父・征平に語っていた。
  • 父・征平が関西テレビを定年退職した翌日に放送された『さらば征平・最後の挑戦!』(関西ローカル)では、父の若き頃を振り返る再現VTRに、父に内緒で出演。水球に熱中していた大学生時代の征平の役で、水球のシーンで登場。サプライズな演出に征平は驚いていた。
  • お笑いタレントのTAIGAは「はとこ」にあたり(TAIGAの父方の祖父と達秋の母方の祖母が兄妹)父親同士も親交が深かった(成城大学水球部の同僚)。ラグビー選手のアマナキ・レレィ・マフィの妻も「はとこ」である(達秋の父方の祖母とマフィ夫人の母方の祖父が姉弟)。