桑原城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
桑原城
長野県
桑原城
桑原城
別名 高鳥屋城、水晶城
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 諏訪氏
指定文化財 なし


桑原城(くわばらじょう)は、信濃国諏訪郡(現在の長野県諏訪市四賀桑原)にあった中世日本の城山城)。別名を高鳥屋城(たかとやじょう)、水晶城(すいしょうじょう)など呼ばれる。長野県指定史跡

概要[編集]

築城年は不詳であるが、諏訪総領家の本拠・上原城の支城としての役割を果たしていた。

天文11年(1542年武田晴信(信玄)は、諏訪に攻め入り、諏訪頼重の本拠地上原城を攻めた。頼重は上原城を支えきれず,桑原城に逃れ籠城した。しかし、家臣の多くは逃亡してしまったため、降伏し、頼重は弟の大祝諏訪頼高らとともに甲斐府中に連行された。頼重は頼高と共に東光寺自刃させられ、戦国大名諏訪氏は滅亡した。 桑原城は上原城とともに武田氏に接収された。

現在は、標高981m(比高差約190m)の山頂尾根に、本丸跡、二の丸跡、土塁、空堀などの遺構が残る。城跡からは諏訪湖が一望できる。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]