桑原伸之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桑原 伸之(くわばら のぶゆき、1947年 - )は日本のイラストレーター絵本作家

北海道札幌市に生まれる。武蔵野美術短期大学卒業後、第1回読売国際漫画大賞優秀作品賞。1982年ドイツ「世界で最も美しい本のコンクール」優秀賞受賞[1][2]

現在TIS会員。

主な作品・共著[編集]

  • 『赤ちゃんのための色のえほん』(あすなろ書房)
  • 『なぞなぞポケット(げんきわくわくえほん)』 (フレーベル館)
  • 『もうすぐ一年生』(小峰書店)
  • 『赤ちゃんのためのことばの絵本』(あすなろ書房)
  • 『ともだち(リトルブック)』 (小峰書店)
  • 『ペンギンのかいすいよく(リトルブック)』 (小峰書店)
  • 『どうぶつのおやこ(リトルブック)』(小峰書店)
  • 『くだもの・やさい』(小峰書店)
  • 『ペンギンのたまご』 (小峰書店)

など多数。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Nobuyuki Kuwabara 桑原伸之”. 一般社団法人東京イラストレーターズ・ソサエティ. 2019年10月31日閲覧。
  2. ^ にこにこだより76号”. NPO法人 子育て応援 ゆう (2012年4月). 2019年10月31日閲覧。