桐生西宮神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桐生ゑびす講から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
桐生西宮神社
桐生西宮神社拝殿への石段
所在地 群馬県桐生市宮本町二丁目1番1号
主祭神 蛭子大神
創建 明治34年(1901年11月20日
例祭 11月19日 - 20日
テンプレートを表示
美和神社の鳥居。右手の石段が桐生西宮神社に続く。

桐生西宮神社(きりゅうにしのみやじんじゃ)は群馬県桐生市宮本町にある神社である。

概要[編集]

恵比寿神として蛭子大神(ひるこおおかみ)を祀っており、毎年11月19日から20日にかけて桐生ゑびす講が開催される。

桐生が岡公園に隣接し、山手通りに面している。美和神社の境内社の一つであるが、西宮神社の社殿・手水舎・参道は、美和神社のものより規模が大きい。

平成14年(2002年)の第7回桐生ファッションウィークでは、神社の石段でファッションショーが開催された[1][2]

歴史[編集]

明治34年(1901年11月20日に、えびす総本社である兵庫県西宮市西宮神社から分霊勧請される。

関東で唯一の直系分社であることから「関東一社」と称される。

祭事[編集]

桐生ゑびす講[編集]

毎年11月19日から20日にかけて行われる。参道(恵比寿通り)や、山手通り本町通りの一部が歩行者天国となる。19日が宵祭り、20日が本祭りであり、西宮神社本社から献幣使を迎えて祭典を執り行う。

奉納行事として、美和神社の神楽殿にて、神楽・えびす太鼓・福まきが行われるほか、桐生からくり人形芝居が上演される。また、桐生が岡公園の入り口にある特設会場にて、芝居や手品、歌謡ショーなどが行われる。

隣接する美和神社の祭神が大物主大国主大黒)であることから、桐生ゑびす講は、恵比寿・大黒の二大福神が揃った祭であるといえる。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広報きりゅう 平成14年(2002年)10月15日号 8頁
  2. ^ 広報きりゅう 平成14年(2002年)12月15日号 7頁

参考文献[編集]

  • 佐々木正純 編著 『きりゅう百景』 2008年(平成20年)47頁

外部リンク[編集]