桐生からくり人形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

桐生からくり人形(きりゅうからくりにんぎょう)は、群馬県桐生市に伝わる人形劇である。

江戸時代後期、桐生天満宮御開帳の際に、一般大衆への見世物として考案されたものである。当時の織物技術を生かし水車を原動力として利用した「舞台からくり」である。

有鄰館の「桐生からくり人形芝居館」にて定期的に公演されているほか、移動公演も行われている。

演目[編集]

外部リンク[編集]