桃色片想い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「♡桃色片想い♡」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
♡桃色片想い♡
松浦亜弥シングル
初出アルバム『T・W・O
B面 遠距離の恋愛
リリース
ジャンル J-POP
レーベル zetima
プロデュース つんく♂
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2002年度年間51位(オリコン)
  • 松浦亜弥 シングル 年表
    100回のKISS
    2001年
    ♡桃色片想い♡
    (2002年)
    Yeah! めっちゃホリディ
    (2002年)
    テンプレートを表示

    ♡桃色片想い♡」(ももいろかたおもい)は、松浦亜弥の5枚目のシングル2002年2月6日zetima(現・アップフロントワークス)から発売された。

    解説[編集]

    • 2002年最初のシングルで、自身の中学生時代最後のシングルである。
    • エフティ資生堂「ティセラ」CMソングに起用。CMタイアップは初である。
    • テレビ東京系列「アイドルをさがせ!」オープニングテーマ
    • ビデオクリップは、桃の缶詰工場で働く女の子の設定である。ぬいぐるみが扮する従業員達(モモゾーとピーコ)と桃缶を製造するが全く売れず、松浦は居眠り、モモゾーとピーコは悪戯で野菜の缶詰を作って遊ぶ。松浦が自らテレビのコマーシャルに出演し宣伝を打つと、注文の電話が殺到、生産ラインはフル回転に…というストーリーになっている。中盤に松浦がシャワールームで洗髪をしているシーンがあるが、撮影の時点では上記のティセラのCMは決定しておらず、偶然の一致である。
    • 松浦がブレイクしたきっかけの曲であり、タレントのはしのえみ前田健物真似されることが多かった。
    • カップリング曲の「遠距離の恋愛」の編曲を担当した松尾和博は、小室哲哉のスタッフであり、数多くの小室プロデュース作品のギター演奏に関わった一人である。また、この曲のプログラミングを担当した松本零士と溝口和彦も、小室哲哉のスタッフである。

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲:つんく

    1. ♡桃色片想い♡
      編曲:高橋諭一
      1950年代ロックンロール調で、次作「Yeah! めっちゃホリディ」と並ぶ代表的な楽曲の一つ。つんく♂曰く、「お姉さん的な女の子」が主人公。間奏で松浦の愛称「あやや」をコーラスで連呼している。
    2. 遠距離の恋愛
      編曲:松尾和博
    3. ♡桃色片想い♡ (Instrumental)

    カバー[編集]

    ♡桃色片想い♡

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    外部リンク[編集]