桃山丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桃山から転送)
Jump to navigation Jump to search

桃山丘陵(ももやまきゅうりょう)は、京都市伏見区の中央、宇治川の北側に位置する標高約100mの丘陵。

概要[編集]

指月と豊後橋と巨椋池『都名所図会』(1780年)
伏見城大手門(御香宮神社表門)

丘陵とその周辺は桃山と呼ばれ、かつての伏見城と多くの大名屋敷が集まり一大政治都市として発展した地区であり、域内の町名にその名残をとどめている[1]慶長3年8月18日1598年9月18日)に豊臣秀吉が生涯を閉じたのも、慶長8年(1603年)、徳川家康将軍宣下を受けたのも、この桃山にあった伏見城においてである。

桃山丘陵は東山から大岩山を経た連なりの最南端に位置し、京都市伏見区桃山地区の北半分を占める。伏見城築城前には「木幡山」と呼ばれており、山頂には桓武天皇の陵があったともいわれる。廃城ののち元禄時代ごろまでに桃の木が植えられ、安永9年『伏見鑑』が発行された頃から「桃山」と呼ばれるようになり[2]、織田・豊臣政権期の時代区分「安土桃山時代」や、その時代に花開いた「桃山文化」などの呼称の元となった。

平安時代より観月の名所として知られた指月(現在の伏見区桃山町泰長老)は、丘陵の南麓に位置して南に巨椋池を一望する風光明媚な地であり、橘俊綱によって伏見山荘が営まれ、秀吉も最初ここに隠居屋敷を築いた。丘陵の西麓の城下町伏見は、秀吉の伏見城築城が本格化するにともない城から西へ伸びる大手筋を東西軸として碁盤の目に街路が整備され、桃山地区には各大名の屋敷が建ち並んだ。大手筋に面して建つ御香宮神社の表門は、かつての伏見城大手門とされている。

伏見はかつて「伏水」とも書かれていたほどに、質の高い伏流水が豊富な地で、桃山丘陵をくぐった水脈が、山麓近くで湧き水となってあらわれることから、日本を代表する酒どころとなった。御香宮の境内に湧く「御香水」は名水百選に選定されている。

明治初年には丘陵の大半が皇室御料地となっていたが、大正初年には伏見城の本丸跡に明治天皇の陵が造営される。奉葬にあわせ最寄りの桃山駅には貴賓室が設けられるなど拡張整備され、戦前には修学旅行のコースにも組み込まれるなど参拝客が多く、周辺は高級住宅地としても人気があった。1964年には伏見城の天守が復元され伏見桃山城キャッスルランドという遊園地が開設された。

現在は、伏見桃山陵柏原陵乃木神社伏見桃山城運動公園などがあるほかは、閑静な住宅街であり学校も多く立地しているが、緑豊かな探鳥地としても知られる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]