桃太郎 (童謡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桃太郎(ももたろう)は桃太郎のおとぎ話について、日本の童謡の一つ。作詞者は不詳で作曲者岡野貞一。初出は1911年(明治44年)5月の『尋常小学唱歌(一)』。

歌詞[編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
  1. 桃太郎さん 桃太郎さん お腰につけた 黍団子 一つわたしに 下さいな
  2. やりましょう やりましょう これから鬼の 征伐に ついて行くなら やりましょう
  3. 行きましょう 行きましょう あなたについて 何処までも 家来になって 行きましょう
  4. そりゃ進め そりゃ進め 一度に攻めて 攻めやぶり つぶしてしまえ 鬼が島
  5. おもしろい おもしろい のこらず鬼を 攻めふせて 分捕物を えんやらや
  6. ばんばんざい ばんばんざい お伴の犬や 猿 雉は 勇んで車を えんやらや

補足[編集]

明治34年(1901年)7月に刊行された「幼稚園唱歌」の第六曲に、詞と曲が全く異なる「桃太郎」という唱歌がある。作詞作曲は瀧廉太郎である[1]

脚注[編集]