桂燕枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂 燕枝(かつら えんし)は上方落語名跡。2代目以降は桂圓枝となる。現在は空き名跡となっている。

  1. 初代 桂燕枝生没年不詳)は、最初、初代桂文枝門下で勢三を名乗るが、初代桂文三(後の2代目桂文枝桂文左衛門)門下に移り、1885年頃、燕枝と改名。初代桂談枝2代目桂萬光と共に「老錬の三幅対」と評された。明治29年7月頃、高座に出た記録があるが、明治31年に「故人・燕枝…」と記した記事があることから、その間に死亡したと思われる。得意ネタは「天王寺詣り」「無い物買い」「夢八」等があった。本名の姓は田中だが、名は不詳。長男は初代桂枝三郎
  2. 2代目 桂燕枝1882年3月27日 - 1944年9月24日)は、後の2代目桂圓枝3代目桂文枝の門下。明治末期、東京から2代目談洲楼燕枝が来阪した際、紛らわしいため圓枝に改める。本名: 永岡辰之助。享年63。


出典[編集]

  • 『落語系圖』(月亭春松編)-初代について「初め初代文枝門人」としているが、誤りか。
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)