桂楽珍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桂 楽珍かつら らくちん
桂 楽珍
結三柏は、桂文枝一門定紋である。
本名 中山 行治(なかやま ゆきはる)
生年月日 (1962-04-26) 1962年4月26日(56歳)
出身地 日本の旗 日本鹿児島県大島郡天城町
師匠 桂文珍
出囃子 ハイサイおじさん
活動期間 1982年 -
活動内容 上方落語
家族 朝山下智徳(息子)
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
受賞歴
「第10回バケツ稲づくりコンテスト」個人の部特別賞(2001年)
備考
上方落語協会会員

桂 楽珍(かつら らくちん、1962年4月26日 - )は鹿児島県大島郡天城町出身の落語家。本名は中山 行治(なかやま ゆきはる)。出囃子は『ハイサイおじさん』。

来歴・人物[編集]

鹿児島県立徳之島高等学校卒業後、一度は和歌山で就職するも桂文珍ヤングおー!おー!」や「花王名人劇場」での「老婆の休日」を聴いて落語に興味を持つ。1982年4月10日に桂文珍の一番弟子として入門。故郷の徳之島噺や、本人の天然ボケ由来の事件も含めたエピソードは多数あり、しばしば師匠文珍他のトークのネタになる。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。上方落語協会会員。NHK連続テレビ小説まんてん」の方言指導も務めた。格闘技ファン(特に大相撲)であり、趣味は三線の演奏。

得意ネタ[編集]

子ほめ」「相撲場風景」「手水廻し」他に創作落語の「徳之島からオガメーラ」がある。

エピソード[編集]

  • 文珍に弟子入りを申し込む際、あまりの緊張からか出身の徳之島の方言で一方的にまくし立ててしまい、意思が全く伝わらなかったという。その際文珍は「いつ日本にお越しですか?」と切り返した。[1]
  • また、その様子を聞きつけて、楽屋に居た芸人たちが一斉に様子を見に来たらしい。
  • ザ・パンダ」メンバーの弟子というつながりを持つ月亭かなめ(現在は銀河亭かなめ八方門下)、林家小染(先代小染門下)、桂きん太郎きん枝門下)とともに、「DCブランド」というユニットを組んでいた。
  • 徳之島には銅像があるほど有名人。銅像は2010年に台風で倒れた。楽珍の縁で、文珍の他桂南光も、プライベートでもたびたび徳之島を訪れている。
  • 父方の100歳を越える長寿の祖母「カナブンさん」また、母方の祖母も100歳を超え「ウシさん」は、ときどきネタにされる。家族構成は6人兄弟である。
  • 部屋を訪ねてきた楽珍の両親と同棲中の彼女(後に結婚し、元高砂部屋力士の朝山下智徳を産むも離婚、2009年同女性と再婚)が遭遇した際、動転して、彼女を自分の「妹」として両親に紹介したことがある。
  • 本人が相撲好きだからか、楽珍の母親は師匠・文珍のことを当初「親方」と呼んだ(2007年3月17日NHKの大相撲放送席でゲストの文珍談)。
  • 埼玉県の営業でホテルに1ヶ月間住み込んでいたが、この時一緒に営業をしていたブラックマヨネーズの吉田にスポーツ新聞を買ってこいと、バスで片道30分の売り場まで500円を渡し、買いに行かせた。バスは1時間に1本しかなく、往復2時間30分かかったという。
  • 子供の頃カッパと相撲をとったことがあるらしい(徳之島には『ケンムン』というカッパに似た生物ががじゅまるの樹に住んでいるとされ、この『ケンムン』のことと思われる。)[2]
  • 風貌がカルロス・ゴーンに似ており文珍の付き添いでNISSAN本社を訪れた際に本人に間違えられたことがある。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 楽珍の禁断絵日記+―金はないけど愛がある!(ぶんか社、2009年7月、ISBN 978-4821142521

出演[編集]

映画[編集]

その他[編集]

  • 息子は元力士の「朝山下智徳」(高砂部屋)(2009年初場所限りで引退)[3][4]
  • 保証人になったのが原因で借金が重み、自己破産している。離婚も借金で妻子を苦しめたくないから、と言うのが理由だった。その為成長した娘が後押しし、晴れて復縁を果たした。
  • 上記の借金地獄の経験は絵日記として書き記してるとのこと。(その日記をあるバラエティ番組で紹介したところ、4社の出版社から書籍化のオファーがあった。実際書籍化されたかどうかは不明)、また映画化が決まっている[5](2015年現在進展は不明)

[編集]

  1. ^ 2009年3月2日放送の「やりすぎコージー」(テレビ東京)で紹介された。
  2. ^ 2008年11月22日放送の『藤井陣内のザ・レジェンド』での月亭八光の発言。また、2009年3月2日放送の「やりすぎコージー」(テレビ東京)でも紹介された。
  3. ^ 2008年3月から高砂部屋で修業をしていた
  4. ^ 朝山下智徳引退 小兵、負けがこみ逃走…
  5. ^ 2011年10月20日放送の『ラジオよしもと むっちゃ元気スーパー!』にゲスト出演した際に発言。

出典[編集]

関連項目[編集]