桂春団治 (4代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
四代目 桂 春団治よんだいめ かつら はるだんじ
四代目 桂 春団治
第23回「彦八まつり」にて(2013年8月31日)
本名 山城 彰
生年月日 (1948-07-20) 1948年7月20日(70歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府寝屋川市
師匠 3代目桂春団治
名跡 1. 桂春章(1965年 - 1968年)
2. 4代目桂春之助(1968年 - 1993年)
3. 桂春之輔(1993年 - 2018年)
4. 4代目桂春団治(2018年 - )
出囃子 月宮殿鶴亀
活動期間 1965年 -
活動内容 上方落語
所属 松竹芸能
公式サイト 松竹芸能
備考
上方落語協会副会長(? - 2018年)
上方落語協会相談役(2018年 - )

四代目 桂 春団治(よんだいめ かつら はるだんじ、1948年7月20日 - )は、大阪府寝屋川市出身の落語家。桂春団治の当代である。所属事務所松竹芸能上方落語協会相談役。本名は山城 彰(やましろ あきら)。出囃子は「月宮殿鶴亀」。大阪府立桜塚高等学校卒業。

来歴・人物[編集]

1965年10月に高校在学中に3代目桂春団治の自宅に電話し入門志願したが春団治から「わしの家はうどん屋やない。」とつき返された、数日後に道頓堀角座で出待ちし弟子入りした。高座名は桂春章1967年3月に高校卒業後、正式に入門し内弟子生活となる。初舞台は1968年新世界新花月だったが、途中で施設が火事になったという逸話を持つ。

1968年2月に4代目桂春之助に改名。テレビ番組「2時のワイドショー」では、ミヤコ蝶々から「はるさん」と呼ばれ、ダメ出しをされる役割で知られた。また長髪であった。

1991年2月、タクシー待ちをしている際に乗車しようとしたタクシーが後続の乗用車に追突され、はずみで飛び出したタクシーと前の車との間に体を挟まれるという事故に遭う。このとき、脳挫傷や全身骨折などの傷を負い一時意識不明の重体となり、生死の境をさまようが、開頭手術をすることなく脳が元の形に戻るという驚異の回復力を見せ、その後奇跡的に芸能界へ復帰した。

1993年4月に桂春之輔へ改名。

2018年春に師匠の名跡を継承し、桂春団治を4代目として襲名することが2017年2月2日に発表された[1]。春之輔は春団治の名を「先代限りにした方が良いのではと考えたが、(生前の)師匠は『この名を(誰かが)継いでいかんとあかん』と仰っていたので」と語り、襲名の意思を固めたことを襲名発表記者会見にて明らかにしている[1]

2018年2月11日松竹座大阪市)での襲名披露公演初日を以て正式に4代目桂春団治を襲名した[2]

エピソード[編集]

花菱は、桂春団治一門の定紋である。
  • 弟弟子の桂春彦板東英二に対して恐喝未遂を起こして有罪判決を受けた際、春彦を落語家としてやり直させたいとコメント。実際に春彦を付き人修行させたことがある。
  • 「死ぬなら今」は得意演目の一つだが、若いころ、3代目桂文我に稽古を乞うたところ、「早すぎる」と退けられた経緯がある。
  • 人呼んで「春団治一門(上方落語界)のフィクサー」と呼ばれ桂三枝(現:六代桂文枝)の上方落語協会会長就任後、桂ざこばに協会復帰を働きかけ(ざこばの回想談による)や桂春秋に「梅團治」の襲名を薦めたりなど現在も同協会の幹事長として一門、落語界の隆盛に力を注いでいる。
  • 2007年からは、大阪市立大学において春団治一門が講演する授業「大阪落語への招待」に主任講師として参加。授業には学生とともに一般市民も聴講し、大阪落語への関心の高さを示した。

弟子[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “春之輔が「四代目 桂春団治」襲名 上方“四天王”の名跡復活”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/03/kiji/20170202s00041000341000c.html 2017年2月3日閲覧。 
  2. ^ “四代目「桂春団治」襲名披露”. 産経ニュースWEST. 産業経済新聞社. (2018年2月11日). http://www.sankei.com/west/news/180211/wst1802110056-n1.html 2018年2月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]