桂文鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
結三柏は、桂文枝一門の定紋である。
桂 文鹿かつら ぶんろく
本名 大倉 有展(おおくら ありのぶ)
生年月日 (1969-11-17) 1969年11月17日(49歳)
出身地 日本の旗 日本奈良県奈良市
師匠 桂文福
弟子 桂白鹿、桂雪鹿
名跡 1. 桂ちゃん好(1994年 - 2004年)
2. 桂文鹿(2004年 - )
出囃子 キューピー
活動期間 1994年 -
活動内容 上方落語
所属 フリー
公式サイト 噺鹿・桂文鹿
受賞歴
第9回繁昌亭大賞創作賞(2014年)
備考
上方落語協会会員

桂 文鹿(かつら ぶんろく、1969年11月17日 - )は奈良県奈良市出身の落語家。 本名は大倉 有展(おおくら ありのぶ)[1]上方落語協会会員。所属はフリー。出囃子は「キューピー」[1]

来歴[編集]

大谷大学卒業後、1994年5月に桂文福に入門し「桂ちゃん好」を名乗る[1]落語家としての内弟子修行が満了するや、ボクシングの練習に励み、陽光アダチ所属のプロボクシング選手となる。大阪府立体育会館にて二度の試合に臨んだが辛酸をなめる結果となりボクシング選手を引退。以後落語に専念する。[要出典]

2004年9月に「桂文鹿」へ改名[1][2]

2014年に所属を解消し松竹芸能より独立。フリーの落語家として活動する。同年、第9回繁昌亭大賞創作賞を受賞[1]

人物[編集]

師匠と同じく大相撲ファンでもある。郷土芸能竹春座(たけはるざ)の塩路鐵砲水に師事し「河内にわか」の継承にも努める。

芸風[編集]

毎年、東インドの安宿に約20日間滞在し、缶詰状態で一年分の新作を書き上げる[要出典]。新作落語は「人間の卑屈さ」をテーマとする[1]

「さわやか健康ランド」「さわやか航空652便」「さわやか回転寿司」「さわやか柔道部」などの「さわやかシリーズ」といわれる[要出典]作品や、「紙相撲風景」「おみくじ製作所」「くろしお1号」「ファンヨンチョル」「銃撃戦」「困客万来」「俺たち暴走族」などの「先輩」と「阪下」を主な登場人物としている[要出典]作品がある。

著書[編集]

  • 『アトピーを3ヶ月で完治させた超秘策』浪速社、2012年

弟子[編集]

  • 桂白鹿
  • 桂雪鹿

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 桂文鹿 - 上方落語協会(上方落語家名鑑)
  2. ^ 「桂文鹿」を名乗る落語家は3代目小文枝門下にかつて存在したが廃業している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]