桂文都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂 文都(かつら ぶんと)は、上方落語名跡。当代は7代目であり、月亭文都(つきてい ぶんと)を名乗る。

東京では、4代目襲名以降と推測されるが、1928年3月に9代目土橋亭里う馬が桂文都を名乗ったと記録にある(上方の文都との関係は不明)。

なお近年、文都を名乗る者として7代目立川談志一門(落語立川流家元)の立川文都1998年真打昇進と共に襲名 - 2009年死去、大阪府大阪市出身)がおり、6代目文都を自称していた(9代目里う馬の名乗った文都を5代目としていることから。ちなみに6代目文都の兄弟子には10代目里う馬がいる)。

2013年3月19日に月亭八方門下の月亭八天が7代目「月亭文都」を襲名した[1]

  • 初代桂文都 - 存在すらも不詳。月亭文都が2代目として名乗っている事から初代がいるはずだが、その存在自体が確認されておらず、詳細については不明である。文都の師匠・桂文東を初代として勘定しているのかもしれないが、文東の名は数代確認されている。
  • 2代目月亭文都 - 初代桂文枝の門下で2代目文都を名乗る。同門の初代桂文三と文枝襲名を争い敗れたため、2代目月亭文都に改名した。
  • 3代目桂文都 - 名人として称えられたが、晩年に発狂。
  • 4代目桂文都 - 本項にて記述。
  • (5代目)桂文都 - 後の9代目 土橋亭里う馬8代目 桂文治門下にいた時に「桂文都」に改名。

上方の「桂文都」とのつながりは不明。正式に5代目として襲名していないが、6代目以降はこれを5代目として数えている。


4代目 かつら 文都ぶんと
本名 梅川 正三郎
生年月日 不詳年
没年月日 1945年5月25日
出身地 日本の旗 日本
師匠 3代目桂文都
名跡 1. 桂都司男
2. 2代目桂玉輔(1916年 - ?)
3. 4代目桂文都
4. 桂文鈐(? - 1945年)
活動内容 上方落語
家族 3代目桂文都(父)
所属 反対派
三友派
大八会

4代目 桂 文都(明治中期 - 1945年5月25日)は、本名: 梅川正三郎。生年不詳。

3代目文都の実子で、大正初期に父の門下となる。都司男の名で反対派に所属、1916年頃に2代目玉輔と改名。このころ、父の属していた三友派に移籍し、若手の勉強会「つぼみ会」などに出演していた。1922年大八会に移籍。このころから上方落語が凋落期に入り、動向が分からなくなるが、昭和初期に大阪を離れて各地を廻っていたころ、4代目文都を襲名した模様である。後に東京で活動。『落語系圖』には「文鈐」(「文鈴」の誤植か?)の名で記されているが、その襲名順は不明。

父と同じく大酒飲みとして知られた。SPレコードに『動物園』を玉輔時代に吹き込んだものが残されている。その他にも『味噌蔵』や、父親譲りの『子別れ』『立ち切れ線香』も高座に掛けていた。

出典[編集]

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)

脚注[編集]