桂文昇 (4代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
4代目 かつら 文昇ぶんしょう
4代目 .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}文昇(ぶんしょう)
結三柏は、桂文枝一門の定紋である。
本名 上国料 浩(かみこくりょう ひろし)
生年月日 (1964-11-13) 1964年11月13日(55歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
師匠 5代目桂文枝
名跡 1. 桂小國(1984年 - 1998年)
2. 4代目桂 文昇(1998年 - )
出囃子 越後獅子
活動期間 1984年 -
活動内容 上方落語
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
備考
上方落語協会会員

4代目桂 文昇(かつら ぶんしょう、1964年11月13日 - )は大阪市出身の落語家。 本名は上国料 浩(かみこくりょう ひろし)。出囃子は『越後獅子』。

大阪府立岸和田高等学校卒業後、1984年6月9日に桂小文枝(後の5代目桂文枝に入門。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。上方落語協会会員。

余芸で日舞や阿波踊りを踊る。前名の「小國」は本名から一字取った。

改名歴[編集]

  • 1998年11月に桂小國から4代目桂文昇を襲名。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]