桂塩鯛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂 塩鯛(かつら しおだい)は、上方落語名跡。かつての表記は旧字体の「鯛」。現在は4代目。

概要[編集]

「塩鯛」の名跡は、元々、初代桂文團治の俗称および俳名で、奥目であったことから付いたあだ名。俗称ではあるが、初代文團治門下には「鯛蔵」「鯛團治」「鯛助」「小鯛」など、「鯛」字が付く弟子が多数いる。なお『落語系圖』では、この塩鯛の名跡に関しては代数を振っていない。初代鹽鯛が、あくまでも初代文團治のあだ名扱いであったことによると思われる。

また、1929年に騒人社書局より出版された『名作落語全集』所載の『米揚げ笊』速記によると、

この落語は初代桂鹽鯛(初代文團治)の原作で御座いまして、これが塩鯛の名をつぎます者は必ず譲られる事に居ます。私は恰度三代目で、然し原作の時代と只今とは、時代も変ってきました…

と記載されており、これは2代目文團治(または3代目文團治)を2代目鹽鯛として代数に勘定したものであろう。ただし、2代目文團治(または3代目文團治)が鹽鯛の名跡を自ら名乗ったことがあるのかどうかは不詳。

3代目[編集]

3代目 かつら 鹽鯛しおだい
本名 岡本 蜜太郎
生年月日 1877年
没年月日 1943年3月15日
出身地 日本の旗 日本
師匠 2代目笑福亭梅鶴(後の2代目笑福亭勝鶴
初代笑福亭福松
4代目笑福亭松鶴
2代目桂米團治(後の3代目桂文團治
弟子 鯛蔵
鯛次
鯛六
鯛丈
名跡 勝壽
福壽
2代目萬歳
太平洋鯱丸
2代目桂米紫
3代目桂塩鯛
活動期間 1899年 - 1943年
活動内容 上方落語
配偶者 松川家妻奴(妻)
ひな(後妻)
所属 三友派
互楽派
吉本

3代目 桂 鹽鯛1877年 - 1943年3月15日)は、本名: 岡本蜜太郎。初めて「鹽鯛」を正式に名乗った落語家上方噺家)である。

1899年1月、2代目笑福亭梅鶴(後の2代目笑福亭勝鶴3代目笑福亭松鶴の門下)の門下で勝寿(勝壽)を名乗る。1899年1月の神戸湊亭が初高座。1904年頃、初代笑福亭福松の門下で福壽。1908年4代目笑福亭松鶴の門下で2代目萬歳となるが、気難しい師匠との関係が上手く行かなくなり、大正1911年2年頃)に入り互楽派に移って太平洋鯱丸(しゃちまる)を名乗る。1913年頃、2代目桂米團治(後の3代目桂文團治)の門下で2代目桂米紫となり、1919年頃に鹽鯛を襲名。

非常に小柄で童顔だったためか「ベビーハナシカ」などと呼ばれた。老巧な芸風で、廃業する昭和初年頃までは第一線で活躍していた。落語番付でも横綱、大関にはなれなかったが、前頭には落ちず、常に三役を保つほどだった。1929年頃には吉本興業を脱退し、大阪市港区市岡で「雨風屋」という喫茶店を開きながら、主にお座敷やラジオなどで芸を披露するのみとなった。

十八番は『舟弁慶』『口入屋』『裏の裏』『袈裟茶屋』など。米紫時代には『日和小町』『廻り猫』などのSPレコードの録音を残している。

福壽時代の妻は松川家妻奴と言い、三味線の名手で、「堀江六人斬り」で両腕を失った松川家妻吉(本名: 大石よね、後に出家して大石順教)の伴奏で有名になった。後妻の名は「ひな」と言い、戦後まで下座で活躍した。

弟子には鯛蔵、鯛次、鯛六、鯛丈等がいた。

近年[いつ?]、都丸の襲名に際して、研究家の豊田善敬が再調査したところ、塩鯛の子孫が存命であることが判明した[要出典]

4代目[編集]

2010年8月に2代目桂ざこばの筆頭弟子である桂都丸が4代目を襲名した。なお、本襲名に併せて、都丸の弟子3名も同時に襲名・改名(米紫・鯛蔵・小鯛)を行った(上方落語界では、初の師弟同時襲名。落語界全体では、戦前の「三柳の改名」や戦後の林家木久扇2代目林家木久蔵の親子ダブル襲名(師弟でもある)に次ぐ3度目のケース、師匠方が隠居名でない(過去に襲名者のいる)「名跡」を襲名するのは初)。漢字「鹽鯛」は画数が多くて寄席文字としては優れているが,現代日本人では読めない者が多いだろうという判断から、4代目から現代字の「塩鯛」とすることとなった。

塩鯛襲名に関する逸話[編集]

6代目笑福亭松鶴が、ざこば(当時:桂朝丸)に塩鯛襲名の話をしたことがあったが、師匠の3代目桂米朝が「わしの弟子の名前はわしが決める」と実現に至らなかった。

出典[編集]

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)
  • 『ご存じ古今東西話噺家紳士録』(CD-ROM、APP、2005年) - こちらでは岡本蜜太郎の塩鯛を2代目として勘定している。