根路銘国昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

根路銘 国昭(ねろめ くにあき、1939年7月24日 - )は、沖縄県国頭郡本部町出身の獣医ウイルス学者。獣医学博士。現在、生物資源利用研究所の代表取締役。スペインかぜのルーツを解明するなど、インフルエンザウイルス研究及びワクチン開発の第一人者[要出典]である。

主な経歴[編集]

  • 1965年 北海道大学獣医学部卒業
  • 1966年 国立予防衛生研究所入所
  • 1989年からウイルスリケッチア部室長、国立感染症研究所ウイルス第一部呼吸器系ウイルス研究室長、世界保健機関インフルエンザ・呼吸ウイルス協力センター長[要出典]、ハーバード大学国際エイズ治療評価委員、厚生省薬事審議委員などを歴任。
  • 1976年北海道大学より獣医学博士。題は「インフルエンザウイルスの表在抗原および非特異的血球凝集抑制物質に関する研究」[1]
  • 1978年に日本を襲ったスペイン風邪ウイルスのルーツの解明[要出典]人工膜ワクチンの開発[要出典]カイコを使ったワクチン大量生産法の確立[要出典]など、業績多数。
  • 1993年 国際ウイルス学賞(インフルエンザ制圧戦略会議・オーストラリア)受賞。
  • 2001年より沖縄県名護市のベンチャー企業「生物資源利用研究所」の所長。
  • 2003年 ロシア医学アカデミー国際ウイルス賞受賞「ウイルス学の百年・(国際ウイルス功労賞)」[要出典]2009年琉球新報賞受賞。
  • 2009年、沖縄に自生するセンダンやハンノキの成分を使って、インフルエンザ消毒薬を開発した[2]

著書[編集]

  • 『ウイルスが嗤っている』(KKベストセラーズ 1994年)
  • 『ウイルスで読み解く「人類史」』(徳間書店 1995年)
  • 『超ウイルス〜太古から甦った怪物たち〜』(光文社カッパサイエンス 1996年)
  • 『インフルエンザ大流行の謎』(NHKブックス 2001年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 根路銘国昭、"インフルエンザウイルスの表在抗原および非特異的血球凝集抑制物質に関する研究", NAID 500000299530
  2. ^ 根路銘国昭、向真一郎、瑞慶覧志織 ほか、"インフルエンザの科学的予防法 : センダン液でウイルスを殺す", 華齢 : 日本アンチエイジング歯科学会誌 4(-), 68-72, 2011-12, NAID 40019259583

関連項目[編集]

外部リンク[編集]