栢木節蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栢木 節蔵
かやぎ せつぞう
生年月日 1846年8月12日
出生地 近江国蒲生郡
(現滋賀県
没年月日 (1904-09-13) 1904年9月13日(58歳没)
親族 足立繁太郎(境町会議員)

境町会議員
当選回数 1回
在任期間 1889年 -
テンプレートを表示

栢木 節蔵(かやぎ せつぞう、弘化3年8月12日1846年10月2日) - 明治37年(1904年9月13日)は日本実業家海運業者、政治家。境町会議員。

日本商工会議所会頭、王子製紙社長等を歴任した足立正義父

経歴[編集]

近江国蒲生郡安部村(現滋賀県)に生まれ、境村(現鳥取県境港市、旧境町)栢木五平の養子となる[1]

幕末から回船問屋を営み、明治期には三菱汽船をはじめ、日本郵船大阪商船、隠岐汽船と主要汽船の代理店、三井物産山陰特約店などを引き受け、境港海運界の中心人物として活躍した[2]

明治11年(1878年2月18日には、境町栄町一丁目、栢木節蔵の有する家屋、土蔵を借り受け三菱会社境出張所が開設された[1]

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『境港市史 上巻』(昭和61年(1986年、791頁)
  2. ^ 『境港市史 上巻』(昭和61年(1986年、792頁)