栗良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栗 良平(くり りょうへい、本名・伊藤貢 1954年 - )は、日本の作家。

経歴[編集]

北海道砂川市出身。

1989年、元々栗が口演し書籍化された童話『一杯のかけそば』が口コミで広がり、2月17日に開かれた衆議院予算委員会で、当時公明党所属の大久保直彦が質疑中に本書を朗読して涙を誘ったということもあって話題となり、映画化もされた。

しかしその後、自称していた「北海道大学医学部卒」が虚偽である事が発覚。さらに、滋賀県寸借詐欺をしたことも明らかになり、表舞台から姿を隠した。

1994年、北海道静内町で人妻を誘惑し、1998年まで各地を転々とし詐欺的行為を繰り返したとされる[1]。その後、滋賀県大津市の山中でテント生活を始め、さらに詐欺的行為を繰り返し、同市にある岩間山正法寺の次女と親しくなり、寺は真言宗醍醐派からの離脱を申し出たが総本山醍醐寺は認めず、裁判となって最高裁で敗訴したという[2]

著書[編集]

  • 栗良平作品集 第1-3集 栗っ子の会 1988-1990(栗っ子童話シリーズ)
  • 一杯のかけそば 角川文庫 1992
  • 一杯のかけそば 青冬社 1992

脚注[編集]

  1. ^ 「元愛人が明かす「一杯のかけそば」栗良平のウソ人生」『週刊新潮(1999年7月22日号)』第44巻第28号、新潮社、1999年7月、 pp. 49-50、 ISSN 0488-7484
  2. ^ 「「一杯のかけそば」栗良平が主役の「名刹乗っ取り」騒動」『週刊新潮(2007年3月29日号)』第52巻第12号、新潮社、2007年3月、 pp. 49-50、 ISSN 0488-7484

外部リンク[編集]