栗原民雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
昭和天覧試合の恩賜刀と栗原

栗原 民雄(くりはら たみお、1896年5月21日 - 1979年10月8日)は、日本柔道家講道館10段、大日本武徳会範士)。

選手として1929年御大礼記念天覧武道大会で優勝するなどし、指導者としては武道専門学校主任教授や京都府警察柔道教師を務めた。のちに講道館柔道殿堂にも選ばれている。

経歴[編集]

兵庫県姫路市生まれ。姫路中学校を経て、1915年大正4年)大日本武徳会武術専門学校に5期生として入学。同期には兼元藤兵衛や山口孫作(のち隆三)らがいた。1918年(大正7年)3月卒業後、同校研究科に進む。同年10月、神宮皇學館助教授に就任。

1920年(大正9年)4月、武道専門学校に奉職。1929年(昭和4年)、御大礼記念天覧武道大会指定選士の部に出場し、決勝戦で牛島辰熊を破り優勝。翌年、京都府警察部柔道教師を兼務。1934年(昭和9年)、皇太子殿下御誕生奉祝天覧武道大会審判員並びに特選乱取りに出場した。1948年、講道館九段取得。1951年 京都の栗原道場にて三木庸行氏を教える。のちに三木庸行氏は京都代表に選ばれる。1953年7月には教え子の道上伯フランスに派遣した[1][注釈 1]1965年10月紫綬褒章を受章。1979年10月没。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 道上2001年まで半世紀近くフランスを拠点に活動し、同国および欧州を中心に36の国と地域において柔道普及の芽を蒔いた。

出典[編集]

  1. ^ “ボルドー古武士 -柔道家 道上伯氏-”. 日本経済新聞(夕刊) (日本経済新聞社). (2002年7月22日) 

関連項目[編集]