栄養塩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

栄養塩(えいようえん)とは、生物が普通の生活をするために必要な塩類のこと。栄養塩類とも。対象となる生物により内容が異なり、

の三つに分かれる。

植物プランクトンあるいは植物においては、栄養要求の主体は塩として供給される無機質であり、その生育において重要な要素となっている。水産学を中心に用いられ、農学においても見られる言葉で、なお、塩は水溶液中ではイオンの状態に分かれて存在し、植物プランクトンあるいは植物が栄養として吸収する時はこのイオンの形となるため、栄養塩と呼ぶ場合個別のイオンをさすこともある。また、栄養塩を種類別に扱う場合、対象となるイオンを構成する元素のうち、その中心となるものの名前で扱われることも多い。

人体に必要な栄養素としてのミネラル、あるいはミネラルを多く含む食塩という意味で用いられることもある。

水産[編集]

植物プランクトンに必要な栄養は、窒素リン珪素(珪藻および珪質鞭毛虫が要求)および微量金属類である。この場合、窒素はアンモニア硝酸あるいは亜硝酸として、リンは燐酸として、珪素は珪酸としての形態のものが中心であり、通常これらの塩を総称して栄養塩、または微量金属類と特に区別して多量栄養塩(Macronutrients)と呼ぶ。水産業においては、海苔ワカメといった海藻の生育や、赤潮アオコの発生などに深く関係しており、非常に重要な条件の一つとなっている。なお農業における栄養塩とは異なり、カリウムは含まれない。これは海水中にはイオンとして多量に存在しており、不足する心配がないからである。

指標として表示する場合、窒素分をDIN(Dissolved Inorganic Nitrogen; 溶存無機窒素)、リン分をDIP(Dissolved Inorganic phosphorous; 溶存無機燐、あるいはDissolved Inorganic phosphate; 溶存無機燐酸)、また、珪素分をDSi (Dissolved Si; 珪酸態珪素)とする。窒素(ただしTN(Total Nitrogen; 総窒素)として)は海洋あるいは湖沼における栄養状態の指標として重視されており、その濃度により富栄養、中栄養あるいは貧栄養に分類される。また、燐(こちらもTP(Total PhosphateまたはTotal Phosphorous; 総燐)として)も目安として利用されている。

農業[編集]

農学においても用いられるが、ほぼ同様の事柄を指す無機養分、無機栄養といった用語を用いるか、これらを指して単に栄養、あるいは養分などと呼ぶことが多い。人為的に供給する栄養塩として肥料(無機肥料)がある。植物の生育に必要な養分としては、窒素リンカリウムがあり、続けてカルシウムマグネシウム硫黄なども比較的重要とされる。

輸送[編集]

窒素、リンなどの栄養塩は河道内において流水中の濁りである浮遊微細粒子に吸着され輸送される。水中の浮遊微細粒子と栄養塩の濃度における相関は浮遊微細粒子のうち粒径が0.075mm~0.005mm程度のシルトがもっとも高い。栄養塩は降雨や洪水時など濁りの発生に伴って上流から下流へ輸送される。