栄養価

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

食品の品質英語版評価の一環としての栄養価(えいようか、Nutritional value)は、食品の消費者に向けて、その食品の必須栄養素が十分なバランスのとれた比率かについての指標である。その食事や食事に含まれる、炭水化物脂質タンパク質ミネラルビタミンの評価の指標。何種類もの栄養評価システム英語版栄養成分表示が栄養価の点で食品を評価できるようにと考案されているが、絶対的な評価であるかについては議論されたままで、一部の消費者の要求についても取り入れられていない[1][2][3]。「タンパク質の栄養価」というとき、タンパク質の利用効率などから算出する(アミノ酸スコア[4]

健康状態の違い、季節の違い[5]、年齢[6]、性差[7]、人種や分類学上の違い[8]によって食品の栄養価はさまざまになる。

ヒトだけに限った固定的な評価付けによる絶対的な尺度についても、関わってくる成分の相互作用の複雑さが原因で疑問のあるもので[9][10][11]、広く適用した場合には意図しない結果につながることがある[12][13]

口語的には、食品のカロリーを意味することがある。

出典[編集]

  1. ^ 20 Nutrition Facts That Should Be Common Sense (But Aren't)”. Healthline. 2019年8月8日閲覧。
  2. ^ Nutritive value – Biology-Online Dictionary”. Biology Online Dictionary. 2019年8月8日閲覧。
  3. ^ Nutrient requirements”. British Nutrition Foundation. 2019年8月8日閲覧。
  4. ^ 646食品成分表編集委員会『646食品成分表〈2009〉』一橋出版、2009年、164頁。ISBN 978-4-8348-4119-0
  5. ^ Macdiarmid, Jennie I. (August 26, 2014). “Seasonality and dietary requirements: will eating seasonal food contribute to health and environmental sustainability?”. The Proceedings of the Nutrition Society 73 (3): 368–375. doi:10.1017/S0029665113003753. PMID 25027288. 
  6. ^ Annik Sorhaindo; Leon Feinstein (2006-6). What is the relationship between child nutrition and school outcomes?. ISBN 0-9547871-8-8. https://www.researchgate.net/publication/252059240_What_is_the_relationship_between_child_nutrition_and_school_outcomes. 
  7. ^ Alur, Pradeep (July 26, 2019). “Sex Differences in Nutrition, Growth, and Metabolism in Preterm Infants”. Frontiers in Pediatrics 7: 22. doi:10.3389/fped.2019.00022. PMC: 6374621. PMID 30792973. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6374621/. 
  8. ^ Nutrient Requirements of Animals Collection”. The National Academies Press. 2019年8月8日閲覧。
  9. ^ Guidelines for Use of Nutrition Claims”. FAO. 2019年7月26日閲覧。
  10. ^ Guide for Older Adults on Using the Nutrition Facts Label”. U.S. Food and Drug Administration (2018年7月31日). 2019年7月26日閲覧。
  11. ^ Nutrition claims – Food Safety”. Food Safety – European Commission (2016年10月17日). 2019年7月26日閲覧。
  12. ^ Berge, La; F., Ann (2008-02-23). “How the Ideology of Low Fat Conquered America”. Journal of the History of Medicine and Allied Sciences 63 (2): 139–177. doi:10.1093/jhmas/jrn001. ISSN 0022-5045. PMID 18296750. 
  13. ^ Nutrients or Junks?”. Food Security and Food Justice – A blog by University of Sheffield students studying on the MA for Food Security and Food Justice (2017年1月26日). 2019年7月26日閲覧。