栄養失調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
栄養不良から転送)
移動先: 案内検索
2006年の世界の栄養失調 人口の割合。出典:世界食糧計画FAO

栄養失調(えいようしっちょう)または栄養不良(―ふりょう)、栄養不足(―ふそく)(: Malnutrition)とは、偏食や食料の不足、すなわち、多すぎたり少な過ぎる食事や一つ以上の重要な栄養の不足した食事により引き起こされる、人や動物が不健康になっている状態を指す一般的な用語である。

学校教育法上は、身体虚弱[1]に含まれる。

概要[編集]

飢餓の状態にある女の子

栄養失調の人や動物は、食事で十分なカロリーを得ていないか、またはタンパク質ビタミン微量元素を欠く食事をとっている。

栄養失調のうち、特に体を動かすエネルギーが不足している状態を低栄養と呼び[2]、一般的には飢餓と呼ばれる。世界人口約68億人に対して、約8億500万人が栄養を十分摂取できない飢餓の状態にある[3]。貧困がその主な原因となっている。

ある栄養素が不足していることから起こる医学上の問題は一般的に欠乏症と呼ばれる。栄養不良の一般的な形態はタンパク・エネルギー栄養失調 (PEM) と微量栄養素栄養失調に分かれる。PEMは体のエネルギーとタンパク質の不十分な利用や吸収を示す。微量栄養失調は体に少量必要なビタミンや微量元素などの不足が原因で、さまざまな病気につながり、体の正常な機能を損なう。ビタミン欠乏症はビタミンの存在が知られる前の世界においてはしばしば治療不可の難病として扱われており、壊血病ビタミンCの欠乏)や脚気ビタミンB1の欠乏)、ペラグラナイアシンの欠乏)のように多くの犠牲者を出したものも存在した。これらのビタミン欠乏症は原因の解明によって解決が容易となったため、現在ではまれな形態の栄養不良となっている。ビタミンAなどの微量栄養素の欠乏は体の病気に抵抗する能力を減少させる。沃素、およびビタミンAの中の欠乏は広く一般的で、公衆衛生の問題である。

血液中のアルブミンなどの多くのタンパク質は水をひきつける浸透圧作用を持っている。この場合の浸透圧は膠質浸透圧と呼ばれている。ヒトでは血漿タンパク濃度が7.3g/dl前後であるのに対して間質液中のそれは2-3g/dlである。この時血漿の膠質浸透圧は約28mmHgであり、間質液のそれは約8mmHgである。この濃度差から生じる膠質浸透圧較差によって循環血液量と間質液の量が保たれている。しかし、タンパク質の不足による低アルブミン血症ではこの膠質浸透圧が低下するため、循環血漿量が維持できずに間質に水分が流出してしまい、これがむくみである浮腫の原因となっている。アフリカの栄養失調児が極度に細い手足に反して膨らんでいる腹部の姿を示すのは、このタンパク質不足に起因する浮腫によるものである。医学的に「飢餓浮腫」と呼ばれている。

脚注[編集]

  1. ^ 病弱(身体虚弱を含む。)」のカテゴリに包括。
  2. ^ http://ja.wfp.org/hunger-jp/faqs 「よくあるご質問 飢餓について」国際連合世界食糧計画 2017年6月10日閲覧
  3. ^ http://ja.wfp.org/hunger-jp/faqs 「よくあるご質問 飢餓について」国際連合世界食糧計画 2017年6月10日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]