栄養ドリンクの一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

栄養ドリンクの一覧(えいようドリンクのいちらん)では栄養ドリンク銘柄一覧記事として記す。

日本[編集]

薬事法の規制を受けるもの[編集]

医薬品(第2類もしくは第3類医薬品)・医薬部外品(指定医薬部外品)の指定を受けているものである。これらの商品の中には、自社に製造設備が無いことから、同業他社からOEM供給を受けているものがあり、その場合、当該他社も類似品を販売していることが多い。

現行製品[編集]

過去の製品[編集]

  • ベンザ滋養液(武田薬品工業)
  • ギネスゴールド・ギネスセブン(山之内製薬(現:アステラス製薬))
  • リュウコ100・昂(藤沢薬品工業(現:アステラス製薬))
  • ゴルフシリーズ・ツデイL(三共(現:第一三共))
  • オルパD・グロンサンバーモント(中外製薬)
  • ローゼリーシリーズ(中外製薬 → ライオン)
  • タウローゼシリーズ(大正製薬)
  • サモン内服液(大正製薬) - ゼナの前身的存在。
  • サモン → 与滋元(大正製薬)
  • ヘルタスバーモント(大日本製薬(現:大日本住友製薬))
  • ユベロンゴールド(エーザイ)
  • ゼリアスシリーズ(ゼリア新薬工業)
  • マミアン(第一製薬(現:第一三共))
  • サンリラックスシリーズ・ドリンク金太郎シリーズ(カネボウ薬品 → クラシエ薬品)
  • トクホン内服液・トクホンリキ(トクホン
  • サロンカップ(久光製薬)
  • ベッセンシリーズ(LIFIX(日本たばこ産業・吉富製薬合弁) → 日本医薬品工業 → 日医工新新薬品工業
  • ハイパーゴールド(LIFIX(日本たばこ産業・吉富製薬合弁) → 日本たばこ産業)
  • ポリタンシリーズ(大五栄養化学日本製薬
  • セルフメイクシリーズ・ラブビタンシリーズ(常盤薬品工業)
  • ドリスタン滋養液(ロート製薬
  • エスエス滋養内服液・エスタック滋養液・エスタロン内服液(エスエス製薬)
  • ドリンクシンセン(アラクス
  • アネトンメイト(ファイザー
  • ストレスカップ(日本レダリー(後の日本ワイスレダリー → ワイス、現:ファイザー))
  • 活(ツムラ)
  • ダダン(ピップフジモト(現:ピップ))
  • ユーナスBBドリンク・日々彩華 ヨクイナBドリンク(田辺製薬 → 田辺三菱製薬)
  • サニビタシリーズ(東京田辺製薬三菱東京製薬三菱ウェルファーマ → 田辺三菱製薬)
  • キョーカンエース内服液・コリホグス内服液(小林製薬

清涼飲料水・炭酸飲料として売られているもの[編集]

清涼飲料水・炭酸飲料として売られているものである。いわゆるエナジードリンクと呼ばれるものが多い。清涼飲料水のカテゴリには一部の製品で「栄養機能食品」の表記が付けられている。

現行製品[編集]

過去の製品[編集]

  • オロナミンCロイヤルポリス(大塚製薬 / 大塚化学) - オロナミンCドリンクにローヤルゼリー、プロポリスを追加処方した組成
  • シーマックスシリーズ(大塚製薬) - 水に溶かして飲む発泡錠
  • バイオミンC・バイオミンX・キャラカーン(サントリーフーズ)
  • リゲインエナジードリンク(サントリー食品インターナショナル)
  • ハイクロンCドリンク・ハイクロンA・ハイクミンCドリンク(大同薬品工業)
  • サムソンV・リアルタンク・シュプラ・ミカタ・レッシュ(日本コカ・コーラ)
  • アミノバイタル2000・アミノバイタルゴールドゼリー(味の素
  • アルギンZ(味の素→カルピス食品工業(現:カルピス))
  • アルギン・アルギンV・アルギンVタンク・アルギンZゴールド・アサイーチャージ・カルピスソーダ エナジーEX(カルピス
  • リフレパワー(麒麟麦酒) - 三共(現:第一三共)との共同開発品。自社開発ビール酵母利用食品
  • オズモ・ゲット・力水・キリンチビレモン・キリンチビ力水・アルギニンV(キリンビバレッジ
  • ブリザード・ブリザードエナジー(山崎製パン
  • ガンバレ肝太郎!・帰ってきた肝太郎・Dristanのどスッキリ液・Dristan滋養ゼリー・ドリカップ(ロート製薬)
  • ターボC・ニューターボC(ペプシコ・インク日本支社
  • ビタカップシリーズ(エスエス製薬) - エスカップの技術を生かしたCVS向け・食品タイプの栄養ドリンク。1999年の薬事法改正により「エスカップ」が医薬部外品に移行した為、それと入れ替わる形で終売。「モカ」を除き、わずか6ヶ月程しか販売されなかった。(「モカ」は後に、「モカビタミン」としてシリーズより独立したが、他社より類似商品が発売された為、医薬品の「エスタロンモカ内服液」に機能統合する形で終売となった。)
  • とんがらC(大塚食品)
  • プラスブイテンドリンク・源滋・サプリメントドリンクシリーズ・ミニドリンクシリーズ・タケダビタミンドリンク(武田食品工業(現:ハウスウェルネスフーズ))
  • プラスタミン・生ローヤルゼリー1000ドリンク・生ローヤルゼリー500ドリンク・うるおい美率・滋養ドリンクシリーズ・サムライド(ハウスウェルネスフーズ)
  • スーパーガーリック21(山之内製薬(現:アステラス製薬))
  • ローヤルスターシリーズ・パワフルシリーズ・ローヤルエナジーシリーズ・かき麻呂(LIFIX(日本たばこ産業・吉富製薬合弁) → 日本たばこ産業)
  • ブラックリゲイン(第一三共ヘルスケア)
  • PF21・うるる・パワーゴールド・パワービタ11(アサヒ飲料)
  • アミノショット(アサヒフードアンドヘルスケア
  • グロンサントマトの赤酢ドリンク(ライオン)
  • ジンセンアップ(一和
  • ビタホット(味の素ゼネラルフーヅ
  • Cポッカエース・維力源(ポッカレモン → ポッカコーポレーション)
  • まむしファイト(大正製薬)
  • きゃらか~ん(バンダイ
  • ストーンズバー ローリングゴールド(サントリー酒類
  • アミノファン(第一製薬(現:第一三共))
  • バイタルC(森永製菓
  • パッコンソーダ(森永製菓) - 商品名の由来はマキシキャップ開栓時の音「ポカン!」から。炭酸の圧を高くし、特殊マキシキャップを採用することで実現できた。
  • ビタシーシリーズ・ビタックシリーズ(常盤薬品工業)
  • トップバリュC(イオン)
  • ボンヌC(ボンヌコーポレイション)
  • 気分転館 → 気分転館V(UCC上島珈琲) - 藤沢薬品工業との共同開発品。当初は無炭酸だったが、「―V」に新装とともに炭酸入りとなった。
  • どりこの(大日本雄弁会講談社(現:講談社))
  • パイゲンC・ビタエースC・ジャンボビタエースC・スーパーヴァーム・ヴァームウォーカー(明治乳業(現:明治))
  • アセロラC500(ニチレイ
  • R.J.(日清食品
  • 食の幸 ビネハニー(江原産業)
  • スコール エナジーV(南日本酪農協同
  • アスパラギンサンドリンク(森永乳業)
  • ハイライン(ヤクルト本社)
  • ブレーブスCドリンク(阪急食品)
  • ビタチャージDX(カゴメ
  • ビタパンC(ロッテ
  • ゴクビタC(日清ヨーク
  • ビタアミノC(オートマックセールス(現:イオンディライト)) - 同社自販機「MOON24」限定販売

韓国[編集]