栄実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栄実(えいじつ、建仁元年(1201年) - 建保2年11月13日1215年1月14日))は、鎌倉幕府第2代将軍源頼家の三男(『尊卑分脈』等)または次男(『北条九代記』)。清和源氏。母は法橋・一品房昌寛の娘。一幡公暁の異母弟であり、竹御所の異母兄でもあり、禅暁の同母兄。幼名を千寿丸(『尊卑分脈』等)または千手丸(『北条九代記』等)といった。

父頼家が没したときは僅か4歳だった。父の死後、尾張中務丞によって養育されていたところ、北条氏に反感を持つ信濃国(現在の長野県)の御家人泉親衡に大将軍として擁立されて北条義時誅殺の陰謀に加担させられるが、建保元年(1213年)2月にこれが露見して北条氏によって捕縛された(泉親衡の乱)。同年11月、祖母北条政子の命によって出家し、栄西の弟子になって法名を栄実とした。建保2年(1214年)、京都滞在時に和田氏の残党に擁立されて六波羅を襲撃しようとしたが計画が幕府方に露見し、同年11月13日、一条北辺の旅亭で幕府方の襲撃を受けて自殺した。享年14だったという。

ただし、『吾妻鏡』には、「栄実」、「千寿丸」、「千手丸」といった名前は登場せず、泉親衡に源頼家の「若君」が擁立され、北条政子の計らいによって頼家の「若公」が出家させられ、和田氏の残党に頼家の「御息」が擁立されたことが記載されているだけである。また、『尊卑分脈』等の多くの史料では、栄実は承久元年(1219年10月6日に自害したことになっている。このため、従来の通説で栄実の事績とされてきたことには疑義が呈されている[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 矢代仁、『公暁―鎌倉殿になり損ねた男 』、ブイツーソリューション、2015年刊行