栃木コミュニティ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
栃木コミュニティ放送
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
栃木県栃木市
設立 1993年1994年清算)
業種 情報・通信業
事業内容 ラジオ放送(コミュニティーFMラジオ・実現ならず)
主要株主 栃木市、地元企業・団体他
特記事項:コールサイン「JOZZ3AA-FM」が割り当てられていたが、1994年に開局を断念し、予備免許失効。実現すれば関東地方初のコミュニティーFMラジオ放送だった
テンプレートを表示

栃木コミュニティ放送(とちぎ・コニュニティほうそう)は栃木県栃木市をサービスエリアとして開局する予定だったコミュニティ放送

同局は、1993年、栃木県内の企業・団体や財界などが出資して設立され、コールサイン「JOZZ3AA-FM」を割り当てて、愛称「FM蔵の街」として関東地方で初のコミュニティーFM放送局開局を目指して、予備免許申請が交付されていた。

しかし、開局を目前にした1994年平成6年)に、経済事情の問題による準備不足により、無線局免許状を返上してしまった。これは予備免許を申請していたコミュニティーFM放送の免許返上の全国第1号の事例であった。

このため、栃木県では2015年(平成27年)11月3日[1]に正式開局したケーブルテレビ株式会社を運営母体とする、「とちぎシティエフエム・FMくらら」の開局が実現するまで、日本で唯一のコミュニティーFM空白県という状態が続いていた。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、その前に2015年9月9日から9月11日にかけて発生した平成27年9月関東・東北豪雨に伴って、当時実施していた試験放送と同じ周波数・送信所を使った「とちぎさいがいエフエム」として、プレ開局をしている