栃内新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
栃内新
生誕 (1951-01-07) 1951年1月7日(67歳)
札幌市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 多様性生物学、発生生物学、進化発生学
研究機関 北海道大学
出身校 北海道大学大学院理学研究科
プロジェクト:人物伝

栃内 新(とちない しん、1951年1月7日 - )は日本の生物学者。専門は多様性生物学、北海道大学教授

人物[編集]

北海道札幌市生まれ、北海道大学理学部卒業後、同大大学院に進学、理学部助手、講師を経て、同大学院理学研究院教授。理学博士。2016年4月特任教授退職[1]。同大の科学技術コミュニケーター養成ユニットのスーパーバイザーも務める。

主な研究テーマ[編集]

メディア出演[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

所属学会[編集]

  • 日本動物学会
  • 発生生物学会
  • 日本比較免疫学会
  • 国際発生生物学会

親族[編集]

  • 父 栃内和男 小学校校長、北海道ローマ字研究会会長、札幌資料館勤務。 ローマ字の普及と北海道、札幌の郷土研究に尽力した。2008年没。[3][4]
  • 父の従兄弟 栃内忠男 洋画家[5]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 世界一受けたい授業 バックナンバー
  3. ^ 札幌の歴史総目次
  4. ^ 漢字・かな混じり文との共存を
  5. ^ 5号館のつぶやき

外部リンク[編集]