栃不動周二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栃不動周二 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 藤原 → 栃不動
本名 藤原 周二
生年月日 (1977-06-14) 1977年6月14日(41歳)
出身 埼玉県朝霞市
身長 190cm
体重 168kg
BMI 46.54
所属部屋 春日野部屋
得意技 左四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 西十両12枚目
生涯戦歴 400勝369敗60休(116場所)
データ
初土俵 1993年3月場所
引退 2012年7月場所
趣味 カラオケ
備考
2012年7月30日現在

栃不動 周二(とちふどう しゅうじ、1977年6月14日 - )は埼玉県朝霞市出身の元大相撲力士春日野部屋所属。本名は藤原 周二(ふじわら しゅうじ)。身長190cm、体重168kg。自己最高位は西十両12枚目(2004年1月場所)、血液型はA型。 

人物[編集]

小学校時代から相撲を初め、中学時代は柔道部に所属していたが相撲も取り続けた。中学卒業と同時に春日野部屋に入門。1993年3月場所に初土俵を踏んだ。同年9月場所には序ノ口で6勝1敗の成績で優勝決定戦に進出、実兄・藤原(最高位は序二段)と対戦し惜しくも敗れ優勝を逃した。これは本場所の土俵で史上初めての兄弟対決となったことから、当時は話題になった。以降、着実に番付を上げて行ったが、幕下上位に進出した1999年網膜剥離を患った。2度に渡る手術で一時は三段目の下位まで番付を落としたが奮起し、一気に幕下中位まで番付を戻した。幕下上位でやや苦労したが、2003年9月場所には十両に昇進した。

この場所のほか、2004年1月場所、5月場所で関取を務めたが、勝ち越しは果たせなかった。その後は幕下下位と三段目での相撲が続いていたが2011年11月場所で1勝6敗と大きく負け越したため翌2012年1月場所からは序二段に陥落した。西序二段63枚目であった2012年7月場所での全休を最後に引退した[1]。しかし、引退届提出が9月場所の番付編成会議後であったことから、9月場所の番付には名前が残り、最終的な地位は西序ノ口16枚目となった。

主な成績[編集]

通算成績[編集]

  • 生涯成績:400勝369敗60休(116場所)
  • 十両成績:14勝31敗(3場所)

各段優勝[編集]

  • 三段目優勝:1回(1998年1月場所)

場所別成績[編集]

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
栃不動 周二
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1993年
(平成5年)
x(前相撲)西序ノ口28枚目
4–3 
西序二段175枚目
3–4 
西序ノ口2枚目
6–1 
西序二段90枚目
3–4 
1994年
(平成6年)
西序二段115枚目
3–4 
東序二段133枚目
5–2 
西序二段76枚目
5–2 
西序二段39枚目
2–5 
西序二段79枚目
3–4 
西序二段95枚目
5–2 
1995年
(平成7年)
西序二段47枚目
2–5 
西序二段84枚目
0–4–3 
東序二段140枚目
6–1 
東序二段59枚目
5–2 
西序二段22枚目
4–3 
西三段目100枚目
5–2 
1996年
(平成8年)
西三段目61枚目
4–3 
西三段目44枚目
3–4 
東三段目61枚目
6–1 
東三段目12枚目
5–2 
西幕下48枚目
3–4 
西幕下59枚目
2–5 
1997年
(平成9年)
東三段目25枚目
3–4 
西三段目39枚目
休場
0–0–7
東三段目99枚目
5–2 
東三段目59枚目
5–2 
西三段目32枚目
3–4 
東三段目51枚目
4–3 
1998年
(平成10年)
東三段目35枚目
優勝
7–0
東幕下24枚目
4–3 
東幕下19枚目
6–1 
東幕下6枚目
4–3 
西幕下3枚目
3–4 
西幕下8枚目
2–5 
1999年
(平成11年)
東幕下23枚目
4–3 
西幕下17枚目
2–5 
東幕下35枚目
4–3 
東幕下27枚目
5–2 
東幕下13枚目
2–5 
東幕下25枚目
休場
0–0–7
2000年
(平成12年)
東三段目5枚目
休場
0–0–7
東三段目65枚目
5–2 
東三段目34枚目
4–3 
東三段目18枚目
6–1 
西幕下44枚目
休場
0–0–7
東三段目24枚目
6–1 
2001年
(平成13年)
西幕下45枚目
6–1 
西幕下21枚目
3–4 
西幕下28枚目
4–3 
西幕下19枚目
2–5 
東幕下35枚目
4–3 
東幕下30枚目
5–2 
2002年
(平成14年)
東幕下14枚目
4–3 
西幕下10枚目
2–5 
東幕下20枚目
2–5 
東幕下36枚目
4–3 
西幕下30枚目
5–2 
東幕下17枚目
4–3 
2003年
(平成15年)
西幕下13枚目
4–3 
西幕下9枚目
3–4 
東幕下14枚目
5–2 
西幕下4枚目
5–2 
東十両13枚目
5–10 
東幕下6枚目
5–2 
2004年
(平成16年)
西十両12枚目
5–10 
東幕下3枚目
4–3 
東十両14枚目
4–11 
東幕下10枚目
2–5 
東幕下22枚目
2–4–1 
西幕下37枚目
休場
0–0–7
2005年
(平成17年)
西三段目17枚目
休場
0–0–7
西三段目77枚目
休場
0–0–7
西序二段37枚目
6–1 
東三段目71枚目
6–1 
東三段目17枚目
5–2 
西幕下54枚目
4–3 
2006年
(平成18年)
西幕下45枚目
3–4 
西幕下54枚目
3–4 
西三段目7枚目
5–2 
東幕下46枚目
3–4 
東幕下57枚目
6–1 
東幕下26枚目
1–6 
2007年
(平成19年)
東幕下53枚目
5–2 
東幕下36枚目
1–6 
東三段目11枚目
3–4 
東三段目23枚目
4–3 
東三段目12枚目
4–3 
西三段目3枚目
2–5 
2008年
(平成20年)
東三段目22枚目
3–4 
東三段目33枚目
4–3 
西三段目17枚目
6–1 
東幕下39枚目
4–3 
西幕下32枚目
2–5 
西幕下50枚目
3–4 
2009年
(平成21年)
西三段目2枚目
6–1 
東幕下29枚目
1–6 
西幕下51枚目
1–6 
西三段目27枚目
4–3 
東三段目14枚目
4–3 
東三段目4枚目
3–4 
2010年
(平成22年)
西三段目19枚目
3–4 
東三段目33枚目
1–6 
東三段目67枚目
5–2 
東三段目42枚目
5–2 
西三段目13枚目
2–5 
東三段目36枚目
3–4 
2011年
(平成23年)
西三段目53枚目
4–3 
八百長問題
により中止
西三段目38枚目
3–4 
東三段目42枚目
3–4 
東三段目54枚目
2–5 
東三段目82枚目
1–6 
2012年
(平成24年)
東序二段23枚目
4–3 
東序二段5枚目
3–4 
西序二段29枚目
2–5 
西序二段63枚目
休場
0–0–7
西序ノ口16枚目
引退
0–0–0
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 藤原 周二(ふじわら しゅうじ)1993年3月場所
  • 栃不動 周二(とちふどう-)1993年5月場所 - 2012年9月場所

脚注[編集]

  1. ^ 元十両栃不動が引退 nikkansports.com 2012年8月2日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]