栂池自然園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栂池自然園(つがいけしぜんえん)は、長野県北安曇郡小谷村に所在する自然公園中部山岳国立公園を構成する公園の一つである。

概要[編集]

標高1,900mの高層湿原を利用した自然園で、栂池高原スキー場ゴンドラリフト「イヴ」と、栂池ロープウェイを乗り継いで(栂池パノラマウェイ)、アクセスすることになる。園内には約5.5kmの木道が整備され、様々な高原植物を見ることが出来る[1]。秋には有名な紅葉スポットとなる[2]

かつては路線バスが乗り入れていたが、環境保護のため1994年にロープウェイによる運行に切り替わった。また、2007年には、みずばしょう湿原のバリアフリー化が完了している[2]

沿革[編集]

  • 1970年 - 長野県で4番目の自然園として楠川までが整備される[2]
  • 1974年7月26日 - 開設[3]
  • 1986年 - 浮島湿原まで整備完了[2]
  • 1987年 - 展望湿原までの自然観察路が整備され、現在の規模となる[2]

諸データ[編集]

  • 開園期間 - 6月上旬 - 11月上旬[4]
  • 入園料 - 大人320円、小学生以下260円[2]
  • 栂池パノラマウェイ - 大人往復3,700円、小人往復2,100円[2]

付属施設[編集]

  • 栂池ビジターセンター[2]
  • 栂池山荘[2]
  • 栂池ヒュッテ[2]
  • 旧栂池ヒュッテ記念館[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中部山岳国立公園 栂池高原(つがいけこうげん)(長野県学習旅行ナビ、2021年10月10日閲覧)
  2. ^ a b c d e f g h i j k 栂池自然園について(栂池自然園公式HP、2021年10月10日閲覧)
  3. ^ 『小谷村誌 社会編』(1993年9月30日、小谷村誌刊行委員会発行)895ページ。
  4. ^ 信州花の名所ガイド・栂池自然園(信濃毎日新聞、2021年10月10日閲覧)

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度46分22.5秒 東経137度48分51.3秒 / 北緯36.772917度 東経137.814250度 / 36.772917; 137.814250