柿沼朱里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柿沼朱里
柿沼朱里
2014年著書より
本名 柿沼 朱里
生年月日 (1960-11-29) 1960年11月29日(57歳)
国籍 日本の旗 埼玉県
職業 企業家、データサイエンティスト、クリエイティブディレクター、DJ、トラックメイカー
公式サイト 有限会社緩急クリエイティブ
主な作品
きね子
フラワーロック
ビーダマン
ベイブレード
『Cloud Up』

柿沼 朱里(かきぬま しゅり、1960年11月29日 - )は、日本企業家データサイエンティストITコラムニストクリエイティブディレクターDJトラックメイカー

有限会社緩急クリエイティブ代表取締役、一般社団法人データサイエンティスト協会一般会員。

政治経済から庶民風俗まで何でも数値化して解明するビジネススタイルからデータのデビルの異名を持つ。

DJとしては有限会社F.FACTORY JAPANに所属。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

1960年、埼玉県所沢市にて画家の父と洋裁業の母の間に生まれる。兄弟なし。13歳の時に父、死去。多くのバイトで生計を支えながら明星学園文化学院を経て小規模のデザイン会社に就職、グラフィックデザイナーとなる。退社後、長期のフリーランス期間中にアイレム傘下に出向し、『きね子』、『スーパーロードランナー』、『魔鐘』、『不如帰』など十数本のファミリーコンピュータ ディスクシステムソフトの制作リーダーをしている。タカラ(当時)の『フラワーロック』の企画開発もこの時期とに実施。 1992年法人化し、この間に『ビーダマン』、『ベイブレード』を立て続けに企画開発し、ヒット商品を連発している。2006年ユー・エス・ジェイにヘッドハンティングされ、物販開発次長就任。翌年には退社している。在任中にコンテンツの数値化を考案し、それが現在のビジネスの中心であるビッグデータ分析につながった。凸版印刷ソフトバンクテレコム等企業のほか、地域振興で実績を積んでいる。凸版印刷の依頼で『妖怪ウォッチ』の立ち上げに関わり、バンダイ『DX妖怪ウォッチ』を設計した。近年では音楽活動に重点を置いている[1]。アルバム『DJ KIMERA』収録曲である『Cloud Up』は海外で1日あたり72万ダウンロードの大ヒットとなった。[2]

私生活[編集]

家族は母子家庭。亡父は山田うどんロゴデザインをしており、[3]また、1943年頃まで朝日映画社に所属し、1940年木下敏治アニメーション進出を提案している。[4] 未婚か離婚かは不明。DJネームは騎米羅あるいはKIMERA名義[5] 名前の英字表記は『Shuri Kakinuma』ではなく、好んで『Shuly Kakinuma』を使用している。 クラシックギタリスト永島志基漫画家 永島慎二の息子)、女優岡本真実映画監督 岡本喜八の娘)とは明星学園で同学年であり、現在も交流がある[6]

書籍[編集]

  • 『世界一やさしいビッグデータ超攻略術』(2014年)(アーク出版)ISBN 978-4-86059-142-7

コラム連載[編集]

  • 『中小企業にもビッグデータの時代が来た!』(2015年3月〜2016年12月)(近代中小経営)

楽曲[編集]

  • DJ KIMERA Limited edition-01(インディーズ盤)(2015年7月19日リリース)[7]
  • FORBIDDEN GAMES(シングル)(iTunes他ダウンロード盤)(2016年4月22日リリース)
  • Far East(シングル)(iTunes他ダウンロード盤)(2016年4月25日リリース)
  • Last Samurai(シングル)(iTunes他ダウンロード盤)(2016年4月25日リリース)[8]
  • DJ KIMERA (アルバム)(iTunes他ダウンロード盤)(2016年6月27日リリース)[9](収録の『Cloud Up』はSpotify月間最高120,486回で世界でヒット曲となった)
  • DJ KIMERA 2 (アルバム)(iTunes他ダウンロード盤)(2016年7月13日リリース)[10]
  • DJ KIMERA 3 Future Techno and World(アルバム)((iTunes他ダウンロード盤)(2016年8月19日リリース)[11]
  • DJ KIMERA 4 Bitter and Sweet(アルバム)(iTunes他ダウンロード盤)(2016年10月18日リリース)[12]

作詞[編集]

  • 「ルールは正しく守りましょう」(2015年8月14日リリース)作曲&歌&ギター 因幡修次 [13]

ライブ[編集]

  • 表参道 ATLANTIS 『TIPSY雪降るチョコレートディスコ』 オープニングDJ(EDMmix)(2016年2月27日
  • 中目黒SOLFA 『Murasame sword』 ブッキング & DJ(2016年4月29日
  • 原宿 Kawaii Monster Cafe 『TIPSY 制服ナイト』 オープニングDJ(2016年4月30日
  • 原宿 Kawaii Monster Cafe 『TIPSY パジャマぱーてぃー』 オープニングDJ(2016年5月28日

     等 多数

逸話[編集]

  • アイレム傘下タムテックス出向時の開発作業は、開発スタッフの多くが学生上がりの素人同然だったため、多忙を極めた。『きね子』と『スーパーロードランナー』の2大タイトルを同時期にローカライズする際、1人での作曲作業量(当時はMZ-2000FM音源を接続して行っていた。)は膨大となり、作曲法を独自に考え出して、効率を図った。『スーパーロードランナー』のプレイ中曲は ザ・フー カヴァー サマータイムブルース』の五線譜を上下逆にし、多少の手を加えて5分で完成させた。[14]
  • 執筆に関しては驚異的なスピードを誇り、著書は207ページ/日、コラムは1コラムを2時間で仕上げる。グラフィックデザイナー時代にも1案件/3日のスピードを誇った。[15]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]