柴野均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柴野 均(しばの ひとし、1948年9月8日 - )は、日本の翻訳家・歴史学者。専門は西洋史、近代イタリア史。信州大学名誉教授大阪府出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1983年 東京大学文学部助手

日本大学講師(兼任)

  • 1990年 信州大学人文学部助教授
  • 1996年 信州大学人文学部教授
  • 2014年 信州大学退職、同大学名誉教授

受賞歴[編集]

著作[編集]

単著研究報告書[編集]

  • 『フランチェスコ・デ・サンクティスと同時代――イタリア近代社会における知識人の役割』科研報告書 (1996年)

編書目録[編集]

共著書[編集]

  • 『19世紀のヨーロッパ』(有斐閣、1980年)
  • 『ヨーロッパ近代史再考』(ミネルヴァ書房、1983年)
  • 『戦士の革命・生産者の国家』(太陽出版、1985年)
  • 『概説イタリア史』(有斐閣、1988年)
  • 『大学で学ぶ西洋史[近現代]』(ミネルヴァ書房、2011年)

論文[編集]

  • 「1848~49年革命におけるローマの民衆運動」『社会運動史』9号(1981年)
  • 「リソルジメントにおける民衆運動」『イタリア学会誌』33号(1984年)
  • 「イタリア社会党の成立」『日伊文化研究』27号(1989年)
  • 「ファシズムの文化政策」『信大史学』15号(1990年)
  • 「19世紀ローマの歴史地理」『イタリア学会誌』33号(1992年)
  • 「デ・アミーチスとVita militare」『Azurro』創刊号(1993年)
  • 「エミリオ・ルッスの軌跡」『信州大学人文科学論集・人間情報学科篇』30号(1996年) 

翻訳[編集]

  • カルロ・マリア・チポッラ 『シラミとトスカナ大公』(白水社、1990年)
  • ピーター・バーク 『イタリア・ルネサンスの文化と社会』(森田義之共訳、岩波書店 1992年/ 新版2000年)
  • ロザリオ・ロメーオ(it:Rosario Romeo) 『カヴールとその時代』(白水社、1992年)
  • ジャン・フランコ・ヴェネ(Gian Franco Ven`e) 『ファシズム体制下のイタリア人の暮らし』(白水社、1996年)
  • エミリオ・ルッス(en:Emilio Lussu) 『戦場の一年』(白水社、2001年)
  • A.カパッティ/ M.モンタナーリ 『食のイタリア文化史』(岩波書店、2011年)
  • ニコラス・ファレル『ムッソリーニ』(白水社(上下)、2011年)
  • ハロルド・アクトン『メディチ家の黄昏』(白水社、2012年)
  • ルーシー・ヒューズ=ハレット『ダンヌンツィオ 誘惑のファシスト』(白水社、2017年)

外部リンク[編集]