柴谷篤弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柴谷 篤弘(しばたに あつひろ、1920年8月1日 - 2011年3月25日 )は日本生物学者、評論家。専門は分子生物学理学博士医学博士

人物[編集]

大阪府生まれ。1946年に京都帝国大学理学部動物学科卒業。ミノファーゲン製薬研究部、大阪大学を経て、山口県立医科大学教授、広島大学原爆放射能医学研究所教授、オーストラリア連邦科学産業研究機構上級主任研究員、関西医科大学教授、ベルリン高等学術研究所客員研究員、京都精華大学教授、同学長などを歴任。京都精華大学名誉教授

当初はオーソドックスな研究者であったが、オーストラリアでの研究生活を経た後、「反科学論」、「生態学」、「構造主義生物学」(池田清彦と共に)、「差別論」、「旧ソ連沿海州における植民地主義批判」など、多彩な分野での著作・評論活動を行っていた。構造主義生物学は今西進化論の検討からの発想でもある。

2011年3月25日午後9時21分、肺炎のため大阪府茨木市の病院にて死去[1]。90歳没。

著書[編集]

  • 『理論生物学 動的平衡論』日本科学社、1947年
  • 『生物学の革命』みすず書房、1960年
  • 『生命の探求 現代生物学入門』中公新書、1966年
  • 『反科学論 ひとつの知識・ひとつの学問をめざして』みすず書房、1973年 のちちくま学芸文庫 
  • 『あなたにとって科学とは何か 市民のための科学批判』みすず書房、1977年
  • 『発生現象の細胞社会学 紋様形式の理論』講談社、1979年
  • 『今西進化論批判試論』朝日出版社〈エピステーメー叢書〉、1981年
  • 『日本人と生物学』工作舎、1981年
  • 『科学者は変わったか パラダイム転換か自己発見か』朝日出版社、1981年
  • 『バイオテクノロジー批判』社会評論社、1982年
  • 『私にとって科学とは何か』朝日選書、1982年
  • 『私にとって科学批判とは何か 思索と革命をつなぐために』サイエンスハウス、1984年  
  • 『構造主義生物学原論』朝日出版社、1985年   
  • 『<情報>を越えて』河合ブックレット、1987年   
  • 『反差別論 無根拠性の逆説』明石書店、1989年   
  • 『科学批判から差別批判へ』明石書店、1991年       
  • 『日本海の向う側 ソ連邦沿海州で考えたこと 環日本海の環境政治学』阿吽社、1991年
  • 『われわれにとって革命とは何か ある分子生物学者の回想』朝日選書、1996年  
  • 『われらが内なる隠蔽』径書房、1997年  
  • 『比較サベツ論』明石書店〈明石ライブラリー、1998年
  • 『オーストラリア発柴谷博士の世界の料理』径書房、1998年
  • 『構造主義生物学』東京大学出版会、1999年 

共編著[編集]

翻訳[編集]

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 訃報:柴谷篤弘さん 毎日新聞 2011年3月26日閲覧