柴谷久雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柴谷 久雄(しばたに ひさお、1910年2月11日[1] - 1996年7月29日[2])は、日本教育学者

経歴[編集]

和歌山県出身。1936年広島文理科大学教育学科卒、福島県師範学校教員、浜松師範学校教員、1943年応召し、敗戦でシベリアに抑留され、48年復員。和歌山県教育委員会指導主事、大阪市教育委員研究所長、1962年「バートランド・ラッセルの教育思想研究」で広島大学教育学博士。1966年広島大学教育学部教授、同附属幼年教育研究施設長、附属幼稚園長。73年定年退官、四天王寺女子大学四天王寺国際仏教大学)教授。[3]

著書[編集]

  • 『ラッセルにおける平和と教育』御茶の水書房 1963
  • 『道徳の時間を生かすには』教育タイムス社 1964
  • 『現代の問いにこたえる教育』黎明書房 1971
  • 『遊びによる人間形成 保育の哲学』黎明書房 1973
  • 『日本人の教育 狂気の教育から正気の教育へ』黎明書房 1979
  • 『授業に生命を吹きこむもの』黎明書房 1980

編著[編集]

  • 『遊びの教育的役割』編著 黎明書房 1972
  • 『現代保育の理論と実際』編 誠信書房 1972
  • 『遊びの教育的役割』編著 黎明書房 1986
  • 『遊びの教育的役割』森楙共編著 黎明書房 1996

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、536頁。
  2. ^ 朝日新聞訃報
  3. ^ 『日本人の教育』『遊びによる人間形成』著者紹介