柴田陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しばた ようこ
柴田 陽子
生誕 (1971-02-19) 1971年2月19日(50歳)
日本の旗 日本 神奈川県三浦郡葉山町
国籍日本の旗 日本
肩書きブランドプロデューサー
配偶者
子供2男

柴田 陽子(しばた ようこ、1971年12月19日[1] - )は、日本のブランドプロデューサーで柴田陽子事務所の代表取締役。企業の店舗コンサルティングなどを行う。神奈川県三浦郡葉山町生まれ。

経歴[編集]

1990年、清泉女学院中学高等学校卒業。短大を卒業後、シカゴの大学へ留学。卒業後は、外食企業に入社し、新規業態開発を担当。その後、化粧品会社での商品開発やサロン業態開発などに携わり[1]、2003年にレストラン開発会社の取締役を務める。2004年に32歳で柴田陽子事務所を設立[2][3]。ブランディングプロデューサーとして、コーポレートブランディング・店舗プロデュース・商品開発など多技に渡るコンサルティング業務を請け負う。2013年にはファッションブランド"BORDERS at BALCONY"を立ち上げる[3]

2012年4月開業の渋谷ヒカリエレストランフロアをプロデュース。コンセプト作りからテナント選びまで手掛ける[2]。2014年セブン&アイ・ホールディングスグランツリー武蔵小杉」総合プロデューサーを務めた他、2015年、東急電鉄による商業施設出店「代官山東横線上部開発計画」をプロデュース[4]、 2015年ミラノ国際博覧会における日本館のレストランプロデューサーを務める[5]。また、パレスホテル東京「7料飲施設」、ローソンUchi Cafe SWEETS」、ルミネ日本交通などのブランディングに携わる。現在、都内にて直営店の飲食店を経営している。

主な実績[編集]

など

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]