柴田秋雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柴田秋雄(しばた あきお、1942年11月6日 - )は元ホテルアソシア名古屋ターミナルホテルJR東海子会社)の代表取締役専務支配人

来歴[編集]

1942年(昭和17年)11月6日、岐阜県中津川市生まれ。

岐阜県立岩村高校卒業。

1961年(昭和36年)4月、19歳の時、日本国有鉄道に入社。

1973年、31歳で当時の鉄道労働組合名古屋地方本部の専従役員となる。

1978年、国鉄を退職し組合役員に専念。

1987年(昭和62年)にJR東海旅客鉄道労働組合(当時 現:JR東海ユニオン)の書記長を務めた。

1992年(平成4年)から日本鉄道労働組合連合会(JR連合)事務局長。

1994年(平成6年)にホテルアソシア名古屋ターミナルの販売促進部次長に転身。

1998年(平成10年)に総務部担当部長

2000年(平成12年)取締役支配人に就任。

2003年(平成15年)常務取締役総支配人、

2005年(平成17年)代表取締役専務総支配人に就任する。

この間4期赤字のホテルを7期連続黒字のホテルに再生した。

2010年(平成22年)建て替えのため、ホテルアソシア名古屋ターミナルの営業終了。総支配人を退任。

2010年9月に生い立ちやホテルの再生などのエピソードを綴った柴田秋雄のホテル再生物語〈「日本一幸せな社員」をつくる〉が発刊された。

2011年(平成23年)アソシア志友館開設、代表就任。

2013年(平成25年)一般社団法人アソシア志友館設立、理事長就任。

ホテルアソシア名古屋ターミナル[編集]

ホテルアソシア名古屋ターミナルホテルは1974年(昭和49年)11月28日から2010年9月30日までの36年間営業していた東海旅客鉄道(JR東海)系列のホテル。

名古屋駅に直結したこのホテルは、その利便性から創業以来、多くの人々に親しまれてきた。

バブル崩壊後は、駅前の再開発で、周辺には巨大ホテルが立ち並び、客足は遠のき、4期連続の赤字になるほど経営悪化した。その負債総額は8億円にものぼった。この責任でホテル幹部は総辞職。そんな中で、人員削減に成功した柴田が総支配人の座を任されることになった。カフェ・ジンシアーヌなどホテル内装デザインはベント・セヴェリンが担当した。

2000年9月の集中豪雨で駅で帰宅できず立ち往生している人々にロビーやレストランを解放し、避難所として提供した。その後、新聞記事で「真心」ホテルNo.1と呼ばれた。

2001年に経営は赤字脱却した。

2007年9月、ホテルで飲食した客8名が食中毒の症状を訴えたため、1週間営業停止となった。名古屋市では食中毒の患者の数が10名以下場合公表の義務はなかったが、マスコミに食中毒が起きたことを発表した[1]

2010年9月30日付けで運営会社の名古屋ターミナルホテル株式会社は解散した[2]

2015年11月19日、フジテレビ奇跡体験!アンビリバボー 倒産寸前ホテルが奇跡の復活★日本一心温まるおもてなし』でオンエア[1]

アソシア志友館[編集]

概要[編集]

同じ「志」を持った様々な業種の人たちが集まり、世の中をより良くするために共に活動をしている会。家族の絆、社会の絆、会社の絆が失われつつあるこの時代、自分たちにできることは何かを考え、活動を通して社会に働きかける。

元ホテルアソシア名古屋ターミナルの総支配人である柴田秋雄が理事長を務める。理事長の講演会は、「絆」「ご縁」「ふれあい」の大切さを感じる内容で、参加者からは、もっとも企業が大切にしなくてはいけないこと、また、人として大切なことを学べると、講演の依頼が日を追うごとに増え、全国に広がっている。

沿革[編集]

2010年02月、アソシア志友館を設立

2011年06月、東日本大震災チャリティコンサートを開催

2013年08月、一般社団法人アソシア志友館を設立

2014年02月、ドキュメンタリー映画「日本一幸せな従業員をつくる」映画初上映

2014年10月、ドキュメンタリー映画「日本一幸せな従業員をつくる」観客動員数全国で1万人を達成

2015年07月、「日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語」を柴田秋雄/瀧森古都著の本を出版、販売開始

2015年07月、「日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語」のDVDがTSUTAYAビジネスカレッジから発売

2016年01月、柴田秋雄著「日本でいちばん幸せな社員をつくる」を出版、販売開始

2016年09月、熊本地震復興支援チャリティコンサートを開催、義援金を益城町に届ける

2017年04月、ドキュメンタリー映画「日本一幸せな従業員をつくる」観客動員数全国で6万人を達成

主な活動内容[編集]

  1. 柴田秋雄 講演活動 (年間24回)※2014年度は104回開催
  2. 柴田塾
  3. アソシア志友舘おもしろ学校(年間7回)
  4. 一語一笑セミナー(年間6〜8回)
  5. ドキュメンタリー映画「日本一幸せな従業員をつくる」〜ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦〜 自主上映推進活動
  6. 特別課外授業など
  7. 柴田秋雄著「ホテル再生物語」の販売
  8. 柴田秋雄著「日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語」の販売
  9. 柴田秋雄著「日本でいちばん幸せな社員をつくる」の販売
  10. 講演会DVDの販売
  11. 画家南正文氏の画集「ふりかえってみれば…」の販売。
  12. ドキュメンタリー映画「天から見れば」 自主上映推進活動
  13. シンガーソングライター 明日香 ブログ本の販売
  14. アソシア志友館グッズ(カレンダー)の販売
  15. 会員の交流会など

ドキュメンタリー映画「日本一幸せな従業員をつくる」[編集]

概要[編集]

ドキュメンタリー映画『日本一幸せな従業員をつくる!~ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦~』は2014年2月公開。このホテルが幕を閉じる瞬間に立ち会うまで撮影された。受賞歴は文部科学省選定(平成26年2月19日、少年・青年・成人向き)。

偶然にも、映画上映会で岩崎靖子達撮影チーム全員が、このホテルがなくなる10日前に来ていた。そこで会った柴田の話に興味を持ったスタッフによって、撮影した。最後の2日間も撮影して、柴田にプレゼントするつもりだったが、こんなホテルがあることを多くの人に伝えたいという思いから、彼と相談して3年を経て映画にした。

あらすじ[編集]

名古屋駅前の老舗ホテルは、4期連続の赤字を出していた。経営陣の退陣、新たな総支配人に選ばれたのは、柴田秋雄。長らく労働組合の役員を務めた柴田は、再建に乗り出す。しかし、実行した再建策は、リストラでも、成果主義導入でもなかった。従業員が参加して、経営理念をつくり、みんなで合宿して夜を徹して夢を語り合い、夢は「日本一幸せな従業員をつくる」こと。従業員のお誕生日会、従業員食堂のリニューアル、数々の試しみが始まる。

キャッチコピーは『優しさ、絆、誠実さ・・・大切なことを大切にできた会社があった

出演[編集]

  • 柴田秋雄
  • ホテルアソシア名古屋ターミナルの皆様 他

スタッフ[編集]

  • 監督/岩崎靖子
  • 撮影・編集/小野敬広
  • 撮影/入江富美子
  • 音楽/溝渕大智、ブレーメンの音楽隊
  • 制作/E・Eプロジェクト
  • 配給/ハートオブミラクル
  • 協力/アソシア志友館
  • 映像協力/ホットムーバー

書籍[編集]

  • 柴田秋雄のホテル再生物語(2010年9月、ISBN 978-4-8062-0617-0 中日新聞社刊)
  • 日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語(2015年7月28日、柴田秋雄 著、瀧森古都 著)

脚注[編集]

  1. ^ a b http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/151119_1.html
  2. ^ http://kaiten-heiten.com/hotelassocia-nagoya/

関連人物・外部リンク[編集]